Smile of the Sun - 太陽のほほえみ

生前ハヤット神父が寄稿されたお話しを英語と日本語で毎月お届けします。

ハヤット神父
  ハヤット神父

A Christmas Lullaby

smile of the sun - 太陽の微笑みイメージ What is the real meaning of Christmas?

When I hear the word Christmas I think of crackling wood in the stove and the smell of candles. The glimmer of Christmas lights. The tinkle of many bells penetrates the hearts of people and fills them with joy, as they are busy getting ready for Christmas.

There are so many things to do for Christmas. Yet those difficulties are smoothed away with smiles and happiness.

Christmas is a time for presents and for watching the joy of a little girl hugging her first doll. It is a time for presents under the Christmas tree, as if the tree itself had worked an unbelievable miracle.

When at last Christmas comes, the eyes of parents light up with delightful mischief. It is a time when sweethearts hold hands and exchange promises that need no words.

Christmas is a time when old folks think of eternal life. When people who have been away from church for a long time wake up and start to act like children of God again. When persons who usually only think of themselves look into their hearts.

Christmas is a time when hatred and regret are completely forgotten. It is a time of peace.

It is a time when we become like children and God comes to us. It is a time that brings a spiritual peace that never ends.

These are some reflections on Christmas, but aren't the following words the most important?

Christmas is the time when the whole world sings a lullaby to the Infant Jesus.


愛の子守歌

Smile of the Sun - 太陽のほほえみイメージ クリスマスとは、いったい何でしょう。

 クリスマスと聞くと思い出されるのは、暖炉ではぜるまきとろうそくのにおいです。明るいともしびのきらめきです。鳴り響く鐘の音は甘く心にしみわたり、人々は喜びに胸をふくらませながら、忙しくたち働きます。

 クリスマスにはたくさんのことをしなければなりませんから大変です。でもそれは笑いと幸せに満ちたものです。

 クリスマスはプレゼントの季節です。女の子が初めてもらった人形を抱きしめる時に感じるあの大きな喜びをみんなに感じさせる時です。

 プレゼントはクリスマス ・ツリーの下。まるでその木が信じられない奇跡を行ったかのようです。

 クリスマスがやってくると、両親の目は楽しいたくらみで輝きます。ちょうど恋人たちが手をとりあって無言の約束をかわした時のようです。

 クリスマスは、年とった人にとっては改めて永遠の世界をみつめる時期です。長く教会から離れていた人たちがめざめて再び神の子として生まれ変わり、自分のことしか考えなかった人たちが反省する時期です。

 クリスマスは、憎しみやうらみがすべて忘れ去られた時、平和そのものです。

 私たちが、子供のようになって神様に近づく時であり、永久に終わることのない精神的な平和がもたらされる時です。

 こうしていろんなことがありますが、一番大切なのは、次のことではないでしょうか。

 クリスマスは、お生まれになった幼いイエスに対して、全世界がささげる愛の子守歌です。