Smile of the Sun - 太陽のほほえみ

生前ハヤット神父が寄稿されたお話しを英語と日本語で毎月お届けします。

ハヤット神父
  ハヤット神父

A Good Neighbor

smile of the sun - 太陽の微笑みイメージ After spending most of her life on the East Coast in a big city surrounded by friends, Mrs. Brown and her husband moved to a small town in California. Though her husband's work made the move necessary, she resented being separated from her old friends and made little effort to make new ones.

She also resented the flies which flew around in the hot summer air.
Whenever she went out the front door, she always waved her hands to scare away any flies trying to get into the house.

The Browns had been living there about two months, when one morning, Mrs. Brown heard a knock on the front door. She opened the door to find a young woman crying, who said, "I'm sorry to bother you, but I wanted to talk to you, because I know that you were so friendly to my father."

"Your father?" asked Mrs. Brown in surprise. "Yes, he died last night," said the young woman. "Unable to walk, he always sat on the front porch across the street. You have no idea how happy he was to see you wave to him whenever you came out of the house. He couldn't wave back because his arms were paralyzed."

Mrs. Brown looked at the young woman in amazement. The swinging of her arms to scare away flies had been mistaken for a friendly gesture which made her father happy.

Mrs. Brown consoled the young woman and helped with funeral arrangements. As she did so, she found her heart opening up. From that time on, she became a popular member of the community and a good neighbor to the people among whom she lived.


よき隣人

Smile of the Sun - 太陽のほほえみイメージ ブラウン夫人はずっと東部の大都会で昔からの友だちに囲まれて暮らしてきましたが、最近、夫とともにカリフォルニアの小さな町に引っ越してきました。夫の 仕事の関係上とはいえ、彼女は今までの友だちと別れてカリフォルニアに移るのには気乗りせず、新しい友だちを作る努力さえしませんでした。

 また彼女は夏の暑い日差しの中をぶんぶんと飛び回るハエをたいそう嫌い、玄関に行くたびに、網戸から家の中に入ろうとしているハエを手で追い払っていました。

 カリフォルニアに移って二ヶ月ほど経ったある朝のこと、玄関で戸を叩く音がするのでドアを開けると、女の人が泣きながら立っていてこう言いました。「突然お邪魔して申し訳ありません 。実はあなたが私の父に大変よくしてくださったのを知っているので、あなたにお話がしたくてまいりました。」

 ブラウン夫人はびっくりして 聞き返しました。「あなたのお父様ですって。」「ええ、そうです。」と女の人は次のように話しました。「父は昨夜亡くなりました。父は足が悪くて歩けず、いつも家の ポーチに座っていました。それで、あなたが家から出る時に、父に手を振ってくださるのをとても楽しみにしておりました。しかし、父は手があげられないので、あなたに手を振ることはできませんでした。」

 夫人はびっくりして女の人を見つめました。なぜなら夫人はハエを払おうと手を振っていたのに、彼女のお父さんは、それが自分に向かってなされたことと思いとても喜んでいたからです。ブラウン夫人は、彼女を慰め、お葬式の準備を何から何まで手伝いました。いつのまにか夫人は心を開いていき、それ以来、夫人は近所の人気者となり、その地域のよき隣人の一人となったのです。