Smile of the Sun - 太陽のほほえみ

生前ハヤット神父が寄稿されたお話しを英語と日本語で毎月お届けします。

ハヤット神父
  ハヤット神父

Life is a Journey

smile of the sun - 太陽の微笑みイメージ Travel is a very pleasant form of recreation. It has, however, one serious drawback---the need to carry baggage.

A traveler cannot really enjoy himself as long as he has suitcases weighing him down. It is only when he has checked them in at a railroad station, or deposited them at a hotel, that he can walk around and enjoy the sights.

The same is true of life. We are all travelers, and we all have baggage to carry. There are two bundles, in particular, which to tend to weigh us down. One is marked "Regrets about the Past." The other bears the label "Fear of the Future."

Physical pain is felt only in the present. Most of man's mental suffering is caused by worry about either past mistakes or possible future calamities. Neither regrets concerning the past nor fears about the future accomplish any good purpose.

What is past is past. No amount of worry will change it. A past mistake may well serve as a warning for the future.

As far as the future is concerned, we really have no way of knowing what is going to happen. It is very easy to imagine all kinds of calamities, and it is very common for people to worry about many misfortunes which might possibly occur. In reality, however, most of the things which are worried about never happen.

To enjoy the trip we are taking through life, we have to discard this baggage. Only when we have set aside worries about the past and future, can we make the most of the life we are living in the present.


人生の旅

Smile of the Sun - 太陽のほほえみイメージ 旅行は、とても楽しいレクリエーションである。しかし、荷物を持たなければならないのが、1つの大きい欠点だといえる。やっかいなスーツケースなどを持っていては、旅行をしても心から楽しめない。荷物を駅で預けるか、ホテルに置くかした時にだけ、ゆっくりした気分であちこちを歩き、景色を楽しむことができる。

 人生もこれと同じだと言える。われわれは皆旅行者であり、だれでも荷物を持っている。その中に特にやっかいな荷物が2つある。1つには「過去への後悔」と記されており、もう1つには「未来への恐れ」というラベルがついている。

 肉体的な苦痛は、現在にだけ感じられる。しかし精神的な悩みの大部分は、過去の過ちや、ありそうな未来の災難についての心配が原因になる。しかし、こんなことを思いわずらうのは意味がない。

 過去は過去である。どんなに考えても、それは変えられない。過去の過ちは、未来への良い警告となるだろう。

 未来に関する限り、何が起こるか知る方法は全くない。あらゆる種類の災難を想像するのはたやすく、ひょっとすると起こるかもしれない多くの不幸なできごとを心配するのは、人間共通の心理である。しかし実際には、心配したことの大部分は決して起こらない。

 人生の旅を楽しむためには、こんな荷物は捨てた方がよい。過去や未来への心配をやめた時、初めて、現在送っている生活を十分に生かすことができるのである。