このコーナーでは、カトリック信仰への大切な道標を月一回掲載していきます。
(カトリック教育施設の写真も毎回掲載します)

 

2021年06月の善き牧者の学校
(京都)ノートルダム女学院中学高等学校
聖堂ステンドグラスと小聖堂

カトリック教会の大切な宝 七つの秘跡

キリストの愛のしるしである目に見える証(秘跡) (第二回)

 最近、この秘跡に与る人が減少しています。理由の一つに"裁きの場"と誤解されている方が多いのではないでしょうか。この秘跡はむしろ助力が与えられる場であり、日々新たな人に生まれ変わることの出来る力と恵みが与えられるのです。

 

④ ゆるしの秘跡
 すべての人は、何らかの形で悪の影響を受けています。そこから悪を行う、あるいは悪(罪、疎外、不正、抑圧など)の支配の下に生きているということを意識しています。と同時にまた、それから解放されると確信を持っています。そこで「和解」と「ゆるし」は、教会の中で非常に大切にされており、使命として宣言され実践されています。司祭に罪を告白し、罪を悔い改め自らを正す決心をする信者は、その司祭によって与えられる赦免を通じて、洗礼以後犯した罪のゆるしを神から受け、同時に、罪を犯すことによって傷つけた教会と和解するのです。したがって、少なくとも年に一度は、この秘跡を受けることを勧めます。

心のともしび運動
松村信也