今日の心の糧

今日の心の糧をメールでも配信しております。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

今月のラジオ放送の執筆者をお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

坪井木の実
 

ナレーターの坪井木の実さん

このページに心のともしびラジオ番組の話がでます。
毎日お話が変わります。


▲をクリックすると音声で聞こえます。

誕生の喜び

小林 陽子

今日の心の糧イメージ 「おめでたです!」とお医者さんから告げられた時から、若いカップルの悩みが始まりました。

赤ちゃんの誕生はうれしい!でも、これから出産、そして育児と、長い子育てが始まるのに、経済的にも精神的にもゆとりがなく、実家の両親からも、あと1年か2年待ってからにして。そうしたらベビーシッターとして協力してあげるから、と言われました。

M子さんは19才。福祉の専門学校生です。夫は動物園の飼育係、まだ独立して所帯を持てないので、週末にM子さんのいる実家を訪ねる〈通い婚〉なのです。

産もうか、どうしようか・・・。神さまから贈られた大切ないのちなのに。

そんな悩みの中で迎えたクリスマスでした。

天使のお告げをうけてマリアは聖霊によって身籠りました。と、聖書にはあります。驚き、怖れ、不安に襲われるマリア。まだ男の人を知らない処女マリアなのです。けれど「神さまにおできにならないことはない」との天使のことばに、マリアは、「はい。仰せのとおりになりますように」と応えました。

M子さんは、あっと叫んだそうです。

「そう、そうなんだわ。イエスさまのいのちは私の赤ちゃんの内に宿り、わたしの赤ちゃんのうちにイエスさまも宿られる!」

だって、マリアさまも、先行きを考えれば、怖くて不安で、どうしてよいかわからなかったでしょうに、神のみわざが自分の身体を通して成し遂げられる、救いの道具となることをそのまま素直に受け入れ、信じたのですもの。わたしの赤ちゃんがわたしのうちに宿ったのも、神さまのみわざ・・・。

イエスさまの誕生もはじめから奇跡そのものですね。

M子さんの迷いがふっきれると、周囲も変わり始めました。

祝福のうちに、やがて赤ちゃんの誕生を迎えます。

小さな奇跡です。