今日の心の糧イメージ
麗しい

人は何かに感動すると「生き甲斐」を感じ、「ああ、生きていて良かった」と顔が輝きだします。爽やかに輝くと人が周囲に集まりますが、暗いと人が寄り付きません。感動の...

今日の心の糧イメージ
挨拶

世界各地に語り伝えられている民話には、似たような話があります。  それは「自分から挨拶をしてはいけない」という話です。いつの時代でも、その地の長が息子や娘に、...

今日の心の糧イメージ
レジリエンス

日本の歴史、特に大化の改新や幕末は私の心を刺激します。そこに登場する人々は置かれた立場に適応して生き延びた人、適応できなくて命を落とした人々と色々です。不思議...

今日の心の糧イメージ
サステナブル

日本の四季は美しい。時々見る星空にも感動します。こうした喜びの感情も、世代によりその味わい方も変化していますが、生きる喜びだけは生涯持続して味わいたいものです...

今日の心の糧イメージ
テーマを思索して

私の日記に「心のともしび」との出会いが明記されていました。  1989年2月、外国人らしい方からの電話がありました。この方がハヤット神父さんでした。「あなたの...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

最近、無欲無私の喜びって、こんな心境なのかなあと感じつつ、少々寂しい気持ちでもあります。といいますのは、この心境は若い頃にはなかった感情だからです。この新し...

今日の心の糧イメージ
めばえ

私は1936年に台湾高雄にあります日本海軍の官舎で誕生し、色々な人生の喜怒哀楽を経験、現在はのんびりと生きています。  1952年に新潟県長岡市でドイツの神父...

今日の心の糧イメージ
共生社会

私たち人類は厳しく冷酷な社会を生き抜いてきました。しかし、どんな時代でも、他人の幸せを考えないで自分の幸せだけを優先した結果、周囲から嫌われ自滅していく人々が...

今日の心の糧イメージ
沈黙

「沈黙の神との向き合い方によって人の明暗が分かれる」。この言葉は私の友人が呟いた言葉ですが、この呟きは、時代、文化、宗教、人種を問わず、人々が心の中で自問自答...

今日の心の糧イメージ
まなざし

大学生の頃、1枚の絵に心を奪われた思い出があります。カラッチという画家が描いた「イエスとサマリアの女」という絵です。「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11