今日の心の糧イメージ
授かったもの

日曜日の公園で、幼い子どもたちがシャボン玉を吹いて遊んでいるのを見た。数えきれない数の虹色の玉が風に乗って飛んで行く。驚いたのは、一人のお父さんがリズミカルな...

今日の心の糧イメージ
ともに生きる

新型ウイルス発生以前、まだ何の心配もなく会食が出来た頃のことである。友人たち10人ほどで食事会をし、その後、同じ方向に帰る者同士でタクシーに乗って行くことにな...

今日の心の糧イメージ
慎ましく

日本人女性の宇宙飛行士が、初めてスペースシャトルに搭乗したのは1990年代のことである。宇宙から帰ったその方、向井千秋さんに、小学生がインタビューする短い番組...

今日の心の糧イメージ
いつくしみ

「いつくしみ深き 友なるイエスは 罪とがうれいを とり去りたもう・・・」  多くの人々によく知られ、愛されている賛美歌の一つ「いつくしみふかき」である。結婚式...

今日の心の糧イメージ
心のなごみ

多くの方々もきっとそうなのではないか、と勝手に思っているのだが、私も大げさな美談というものが苦手である。気高い行いをする人は確かにおられるし、尊敬の念も湧くが...

今日の心の糧イメージ
気づき

気づきとは何か、と問われると、答えるのが難しい。それは深い体験だからだ。日常的な気づき、例えば働いている同僚の顔色が悪いとか、電球の一つが切れて部屋が暗い、な...

今日の心の糧イメージ
まなざし

「まなざし」とは、人が何かを見る時に向ける視線のことである。だが単に視線とか目つきというには留まらない、深い意味があるようだ。実際、哲学や文学、特に批評の分野...

今日の心の糧イメージ
新たな出発

「新たな出発」と聞くと、それだけで気持ちが晴れるような気がする。「出発」も「新たな」も希望を感じさせる前向きな言葉だからかもしれない。  「新たな」つまり「...

今日の心の糧イメージ
思いやり

就職活動では、「私は思いやりがあり、気配りのできる性格です」というアピールは必要なことなのだという。ただ企業の側では、あくまでも仕事の成果につながる人間関係の...

今日の心の糧イメージ
約束

友人の長男はハル君といって、幼稚園に通う可愛い男の子である。変身ロボットが大好きで、誕生日には、スーパーマーケットのおもちゃ売り場にかっこよく飾られている憧れ...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11