今日の心の糧イメージ
まなざし

「まなざし」とは、人が何かを見る時に向ける視線のことである。だが単に視線とか目つきというには留まらない、深い意味があるようだ。実際、哲学や文学、特に批評の分野...

今日の心の糧イメージ
新たな出発

「新たな出発」と聞くと、それだけで気持ちが晴れるような気がする。「出発」も「新たな」も希望を感じさせる前向きな言葉だからかもしれない。  「新たな」つまり「...

今日の心の糧イメージ
思いやり

就職活動では、「私は思いやりがあり、気配りのできる性格です」というアピールは必要なことなのだという。ただ企業の側では、あくまでも仕事の成果につながる人間関係の...

今日の心の糧イメージ
約束

友人の長男はハル君といって、幼稚園に通う可愛い男の子である。変身ロボットが大好きで、誕生日には、スーパーマーケットのおもちゃ売り場にかっこよく飾られている憧れ...

今日の心の糧イメージ
言葉の力

ノーベル賞詩人タゴールの生誕150年の記念に、日本の詩人たちがインドを訪れ、インドを代表する詩人たちと交流した時のことである。  インドは広大な国土に多くの民...

今日の心の糧イメージ
わたしが目指している道は

いろいろなマラソンのレースを沿道で応援するのは楽しみの一つである。目の前を過ぎて行く選手たちの速さや、放たれる気迫にはいつも驚かされる。選手たちは皆孤独に見え...

今日の心の糧イメージ
始めの一歩

1・2・3・4・5・6・7・8・9、この中で最も好きな数字はどれですか?というアンケートを友人たちに答えてもらったことがある。最も人気があったのは1で、理由...

今日の心の糧イメージ
幼子誕生

小児科の待合室で、赤ちゃんを抱いている若いお母さんたちを見かけた。乳児検診の日だったらしい。隣り合って座ったお母さん同士には親しげな会話も生まれていて、幸福が...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのおとずれ

暦の上では待降節、御降誕を待つ季節が始まった。  気がつけば、私たちの日常は、数えきれないほどの「待つ」ことで出来ている。順番を待ち、返事を待ち、毎朝、電車が...

今日の心の糧イメージ
いつも生き生きと

L・Mモンゴメリの「赤毛のアン」シリーズはよく知られているが、その中には、アンが登場しなくても魅力的なものも少なくない。「ロイド老嬢」もその一篇で、孤独だった...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11