岡野 絵里子の心の糧

年を重ねる

掲載日: 2017年09月05日

今日の心の糧イメージ 人の一生は、1篇の長い物語なのだと私は思っている。だから「年を重ねる」とは、物語のページが1枚ずつ増えて、重なっていくことではないかと思う。それらの物語は人の数...


先取りする

掲載日: 2017年07月20日

今日の心の糧イメージ 旧約聖書には、それぞれの時代に預言者が現れて、神の言葉を伝え、来るべき時について語っていたことが記されている。だが預言者たちは遥か昔に、語り終えてしまったようだ...


繰り返し

掲載日: 2017年06月16日

今日の心の糧イメージ 私の住んでいる市には、300本以上の桜の木が植えられており、春には、バス通りや川沿いの道が淡いピンクの花々に包まれて、夢の光景のようになる。お花見スポットの地図...


私たちのお母さん

掲載日: 2017年05月19日

今日の心の糧イメージ 数年前のことだが、或る化粧品会社が現代の母親像についてインターネット調査を行った。40代から60代の女性1000人に「母としての自分を漢字一字で表すと何ですか?...


いただく命

掲載日: 2017年04月12日

今日の心の糧イメージ 貴重な品物は、誰でも丁寧に扱うものだが、それがお借りしたものである場合は、特に気を使う。私の娘2人はバイオリンを習っていたが、小学生の時、お友だちから借りたバイ...


それでも感謝

掲載日: 2017年03月29日

今日の心の糧イメージ 感謝の念は、人の心の奥から自然に湧き上がって来る。それは、与えられた恵みを知って、喜び、そして謙虚になる瞬間だ。だが、強制されて、感謝を表さなければならないとし...


自分らしく

掲載日: 2017年03月02日

今日の心の糧イメージ キリシタン大名としてよく知られる高山右近の殉教の生涯が認められ、この度、福者の位にあげられることになった。殉教者と聞けば、迫害を受けた果てに殺害されるといった、...


始め善ければ ・・・

掲載日: 2017年02月17日

今日の心の糧イメージ 名作と呼ばれる小説の多くは、その冒頭の文章で人の心を強く掴むもののようである。例えば、川端康成の「雪国」の冒頭はこのような文で始まっている。「国境の長いトンネル...


旅立ち

掲載日: 2017年01月17日

今日の心の糧イメージ 日本語は本当に豊かな語彙を持つ言語であると、折にふれ思う。人が亡くなった時も、「死ぬ」という言葉を言い換えて、「永眠する」、「旅立つ」、「儚くなる」などと婉曲に...


始めの一歩

掲載日: 2017年01月03日

今日の心の糧イメージ 1・2・3・4・5・6・7・8・9、この中で最も好きな数字はどれですか?というアンケートを友人たちに答えてもらったことがある。最も人気があったのは1で、理由は「...


1  2  3  4  5