今日の心の糧イメージ
共にいる神

困難に直面した時、誰かが一緒にいてくれれば、それだけで心強いものだ。 以前、空港の到着ロビーで、スーツケースの中身をかき回すようにして何かを探している女性を見...

今日の心の糧イメージ
『今日の』祈り

或る作家が、重い病に倒れた時のことをエッセイに書いている。身体も動かせなくなった彼は、1年間の日付が当たり前のように印刷してあるカレンダーが腹立たしくてならな...

今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

買い物客で賑わう街、教会に集まる人々の静かな祈り・・様々なクリスマスの光景が甦る。思い出に残っている人々もいる。 夫がアメリカの大学で研究職に就き、家族で滞在し...

今日の心の糧イメージ
分岐点

20代の頃、勤めの帰りに料理教室へ通っていた。花嫁修業などと言う言葉が生きていた時代で、若い女の子たちは1日の仕事の後で疲れていたが、すぐ仲良くなり、一緒に料理...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

私は東京で生まれ、東京で育った。だが、故郷は東京なのかと考えると、いくらかの違和感を感じてしまう。東京という都会には、故郷という暖かい言葉がどうも合わないような...

今日の心の糧イメージ
心輝かせて

カタバミという小さな多年草をご存知だろうと思う。10センチに満たない丈で、可憐な黄色い花とハート型の葉をつける。クローバーに似ているが、雑草なので、庭に生えたら...

今日の心の糧イメージ
自然とわたし

私はクレソンというほろ苦い野菜が好きで、居間の隅にガラスケースを置いて栽培している。きれいな水に浸したスポンジに種を播き、小さな芽の成長を見守るのは楽しい。ほっ...

今日の心の糧イメージ
わたしの好きなみ言葉

「コリントの信徒への第2の手紙」12章9節には、次のように記されている。「主は『わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ』と言わ...

今日の心の糧イメージ
目覚める

電車の中で、すやすやと眠っている赤ちゃんを見た。母親の胸に抱かれ、安心して小さな瞼を閉じている。無垢な瞳が目覚め、世界に向かって開く瞬間はどんなだろう。その光の...

今日の心の糧イメージ
子育ての実り

7月、子どもたちに夏休みが始まる。大人たちには休みはないけれど、一緒に過ごす時間が長くなって、親子の心が近づくのが、この時期の楽しいところだと思う。我が家の長女...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11