今日の心の糧イメージ
時のしるし

忙しい毎日を過ごしている現代の私たちにとって、日々の予定はとても大切です。時間通りに公共交通機関が動いてくれないと、とても困りますし、自分が思い描いていた予定...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

かつてわたしの支えだったものは、若さに伴う行動力と、自分自身の可能性を信じること、そして、必ずうまくいく、という根拠のない思い込みだけだったように思います。 ...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

自分がまだ若かった頃は、考えるよりも先に身体が動いていたように思います。あまり考えずに、とにかく動き出すので、時には空回りすることも多かったのだと思います。 ...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

子どもの頃、運動会や遠足の前日になると、必ず「てるてる坊主」を作り、大声で一生懸命に歌いながら、次の日の良い天気を願ったことがありました。今から思うと、近所迷...

今日の心の糧イメージ
共にいる神

聖書は私たちに教えています。キリストと呼ばれるイエスが弟子たちに、次のように約束されました、と。 「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マ...

今日の心の糧イメージ
『今日の』祈り

キリスト教の信者が毎日唱える祈りに「主の祈り」があります。これは、イエスが弟子たちに残した大切な祈りです。『ルカによる福音書』によると、弟子たちから頼まれて、...

今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

東日本大震災・大津波の約半年後、岩手県沿岸部の大船渡教会に私は赴任しました。それから1年半の間、いわゆる"被災地"で生活しました。知らず知らずのうちに、肩に力...

今日の心の糧イメージ
分岐点

ふと気が付くと、カトリックの神父になって25年、年齢も50歳代に入っていました。心はまだまだ若いつもりですが、無理がきかない身体になってきています。今までの歩み...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

京都市の南部、伏見というところで、私は生まれました。「京都生まれです」と言うと、多くの人たちが「うらやましいですね」とおっしゃいます。しかし、実際に住んでいると...

今日の心の糧イメージ
自然とわたし

年に1度、南の島に出かけることが、毎年恒例の行事になりました。忙しい日常生活を抜け出して、自然の中にどっぷり浸かるという、私にとって貴重なひとときです。朝は、自...

1  2  3  4  5  6  7