今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

最近、先輩に勧められ、第2次大戦中、陸軍に看護婦として従軍した阿武千代さんの手記、「陸軍看護婦」を読みました。戦時中の中国に派遣され、日々運ばれる負傷兵の手当...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

この春、私はインターネット放送のテレビ番組にゲスト出演しました。詩人の活動を紹介する1時間の番組で、生中継の緊張感があるひと時でした。番組は私の20年余りを振...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

私の祖母が帰天してから今年で9年になります。人それぞれの物語があるように、この9年の間には、私自身の日々に色々な変化がありました。様々な季節を過ごしながら、月...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

今、私の机には100歳の詩人・柴田トヨさんの、多くの人に愛された詩集が置かれています。ページを開くと、長い生涯を歩んだトヨさんの写真があり、笑顔の後ろから光が...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

妻の父親が81年の生涯を終えてから、まもなく2年になります。今も夫婦の会話で「お義父さん、あんなことを言っていたねぇ」と、しばしば思い出しています。  お義父...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

私は手紙を書くとき、最後に「〇〇さんの日々が平安でありますように」という祈りの言葉を添えることがあります。相手によって表現が変わることもありますが、私にとって...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

私の母は優しい性格で、子どもの頃の私が困っていると、よく手を差し伸べてくれたものでした。日々の暮らしで、私が思いやりを持って人に接することができたとき、〈母に...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

我が家の朝は慌ただしく始まります。私と妻の連携プレーでダウン症児の息子・周の食事介助をし、トイレの世話をし、着替えさせて車に乗せ、午前八時過ぎに到着するスクー...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

昨年、私はダウン症をもつ息子について綴った詩集『我が家に天使がやってきた』を刊行しました。前半は「ダウン症の告知から立ち上がる支えになったものは何か?」という...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

私は現在43歳ですが、いまだに〈大人〉という言葉の定義を知りません。私はいくつ歳を重ねても、神様の温かい日向に憩う永遠の子どもではないかという気がしています。...

1  2  3  4  5  6