今日の心の糧イメージ
共存共栄

我が家には13歳のメス猫がおり、名前をララといいます。小さな頃はいたずらっ子で、私が「コラ!」と𠮟ることが多かったのですが、最近はお利口さんに...

今日の心の糧イメージ
喜びの日

最も忘れられない日は、ダウン症をもつ息子の周が10歳になった誕生日でした。毎年、誕生日は嬉しいものですが、ゆっくりとした成長を重ねる息子の子育てに奮闘する妻と...

今日の心の糧イメージ
安らぎ

先輩のKさんとは作家・遠藤周作の読者の集いで出会って以来、20年の交流が続いています。私が初めて参加した時は知りあいがなく、誰に声をかけていいか分かりませんで...

今日の心の糧イメージ
ときめき

私が幼稚園生の頃、担任の先生のほかに私をかわいがってくれる若い女性のT先生がいました。細かいことは覚えていませんが、子ども心にも〈素敵だなぁ・・〉と憧れていて...

今日の心の糧イメージ
麗しい

70年余り前、野村英夫という詩人が31歳の若さで肺を病み、世を去りました。自然の風景に想いを重ねて恋を詠う詩を、晩年は命を見つめる深い詩を、書き遺しました。 ...

今日の心の糧イメージ
挨拶

私は車を運転する時、ラジオを聴くことが多いのですが、好きな曲が流れると少し遠回りをして、その曲が終わってから帰ることがあります。思春期の頃によく聴いた曲が流れ...

今日の心の糧イメージ
レジリエンス

知的障がいをもつ息子・周について、私が密かに悩んできたことは、コミュニケーションが双方向になりづらいことです。10才を過ぎた現在も言葉を話すことはなく、声をか...

今日の心の糧イメージ

時というものは、人の心を育むものかもしれません。先日、10数年前に私が介護職員として働いていた老人ホームの近くに偶然行く機会があり、ふと郷愁の思いに駆られ、久...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

私が思春期に影響を受けた歌手のOさんの誕生日に、生前、彼が暮らしていた街を20年ぶりに訪ねました。当時はファンの集った家があり、〈再会できる人も来ているかもし...

今日の心の糧イメージ
めばえ

私が洗礼を受けて10数年が経ちます。時々ふと、「私はなぜカトリック信徒になったのか」と思い巡らせることがあります。ふり返ると、洗礼に導かれたのは自分の意思だけ...

1  2  3  4  5  6  7  8  9