今日の心の糧イメージ

令和3年6月28日、コロナ禍による自粛で心が滅入っていた私は、緊急事態宣言の解除を受けて箱根へ一人旅に出ました。  初日は雷雨の中での露天風呂で木造の屋根の下...

今日の心の糧イメージ
授かったもの

人生を生きる内には、いくつかの大切な宝ものが与えられるのではないか、と思うことがあります。46歳の私なりに実感するのは、その宝は自力というよりも、懸命に生きな...

今日の心の糧イメージ
ともに生きる

私が独身の頃、あるシスターと〈結婚とは何か〉について話したことがあります。「私は神様と結婚したようなものですが、出会ってきたご夫婦を思い返すと、良い夫婦とは互...

今日の心の糧イメージ
慎ましく

慎ましさ、という言葉から、私は日本人らしさを想起します。誰かに贈り物を渡す時「つまらない物ですが」と言ったり、「ささやかながら」と言ったりするのも、その表れで...

今日の心の糧イメージ
いつくしみ

今年2月、大切な恩師が90年余りの生涯を終え、旅立たれました。先生は私の良き理解者でした。高校卒業以来、詩と文学の道を志す私を、家族も親戚も心配していましたが...

今日の心の糧イメージ
心のなごみ

私と妻が結婚して10年が過ぎました。日々を暮らす中で、妻が台所で皿を洗ったり、布団を干したりする姿を見て、ふと〈なぜ私はこの人と共に生きているのだろう?〉と、...

今日の心の糧イメージ
気づき

私は時々、受刑者の人が読む広報誌に原稿を書いています。塀の中の日々をどのような思いで過ごしているかを想像するのは難しいですが、私はそこに掲載される「受刑者の手...

今日の心の糧イメージ
新たな出発

私たちは日々、他愛のない会話を交わしています。家族とも職場の同僚とも日常会話は大事なコミュニケーションですが、人生についての本音や夢、または悩みを話せる友がい...

今日の心の糧イメージ
思いやり

生きていればどこかで、かけがえのない出逢いが待っており、人と人を結ぶ縁の糸は日々を織り成し、生きる味わいになってゆく――。  40代を迎えて、私にはその実感が...

今日の心の糧イメージ
約束

若かりし頃、私は詩人の友と旅に出ました。朗読活動をする僕等は、大阪で行われる朗読会に出演するため、待ち合わせて深夜バス乗り場に向かいました。その頃の彼は心の風...

1  2  3  4  5  6  7  8