今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

そもそも、平和とは何か。「秩序の静けさ」という哲学的な定義がありますが、誠に、明快な定義だと思います。これが「私が抱く平和」となると、その平和の意義は、明快さ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

高齢化社会。人生100年時代、90歳近くになると、毎朝、目を覚ますと、カレンダーに目を向け、その日の日付、何月何日、何曜日かを確認するとともに、その日一日の平...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

こんにち謳われている「人生百歳」の長寿社会は、確かに、喜ばしいことですが、長生きとともに、認知症の発症が避けられないのは、残念なことであります。  だれしも、...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

人間、生を受け、だれしも、母の胸に抱かれ、そのぬくもりの内に育まれてきました。そのぬくもりは、赤子のみが感じる、暑からず寒からず、母親ならではのやわらかな、心...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

父親のイメージは、母親の「心優しい」イメージと異なり、物事に動じない、「泰然自若」、「厳しい」というイメージです。「地震、雷、火事、親父」と言われるほど、とき...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

人生には、やるべき事が山積しています。毎日、毎日、そのやるべき事を成し遂げるため、それぞれ、粉骨砕身、多大の努力を積み重ねていかねばなりません。賞賛すべき事で...

今日の心の糧イメージ
心を開く

目に見えず、形もない、心とは、なにか。考えさせられるこの重大なテーマ、考えれば、考えるほど、いろいろなことが言えそうです。その中の一つ、「神が人間と関わる場」...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

「時のしるし」Signs of timeとは、なにか。意味深長です。  聖書に、2千年前、イエス・キリストが当時の人々に告げた次のような言葉が残されています。...

今日の心の糧イメージ
目覚める

キリスト教で、一番大切、重要な祭日は、キリストの誕生を祝うクリスマスと考えられがちですが、キリスト教で一番大切な祭日は、キリストの復活を祝う「復活祭」でありま...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

何事にも支えが必要です。建築は、まず、それを支えるしっかりした土台の建設から始まります。強靭な土台があってこそ、揺るぎなき建築が可能となります。 東京スカイツ...

1  2  3  4  5  6  7  8