今日の心の糧イメージ
年長者と共に

先日、新聞を読んでいたら、読者の川柳欄に、そうだ、そうだ、と思う川柳が紹介されていた。 『老人はみんな何かの専門家』  ずいぶん以前に、本のタイトルも忘れたが...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

私の母はとても忙しい人であった。5人の子育て、家計を助けるための和裁仕事、年中、我家へ出入りする食客、泊まり客、相談にやってくる人々・・・。  と列記したらい...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

私の父はやさしいやさしい人であった。  私は父から大声で叱られたり、ましてや叩かれたことなど1度もない。  他のきょうだいも同じである。  寒い冬には、「ミン...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

大阪で暮らして50年余りも経つのに、何かの拍子にふるさとの言葉がでる。  先日も、たまっていた用事が片づいた時、「あんどこんどした」と思わず口からついて出た。...

今日の心の糧イメージ
心を開く

この話を聞いて30年余りも経つのに、何かあると思い出す話である。  今回「心を開く」というテーマを与えられて、はてと思った時、この話が鮮やかによみがえった。 ...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

人間は生きていくのに、心、身体、物質の3つの支えが必要だと私は考えている。 72年のこれまでの自分を考えると、本当に数えきれないくらいの支えを受けて成長し、今...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

「今日のことは今日のうちに、余力があれば明日のことも先取りする」というのは、五島の母が子どもたちに口すっぱく言っていたことである。 「イエズスさまはさ、今日の...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

子どもの頃、五島の教会で「マリアさま」という聖歌を教えてもらった。「マリアさま お手々あわせて いつの日も わたしのために いのりくださる・・・」1、「おきる...

今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

イエズスさまがこの世にお生まれになったのは、人々に、清貧、忍耐、謙遜の3つの徳を教えるためであるとは、幼少の頃より耳にたこが出来るくらい聞かされて成長した。 ...

今日の心の糧イメージ
分岐点

人類の中で、神さまからはっきりとした分岐点を示された方は、マリアさまではないかと私は思う。ヨゼフさまと結婚し、おだやかであたたかい家庭を築こうとしていたマリアさ...

1  2  3  4  5  6  7  8