今日の心の糧イメージ
まなざし

「まなざし」という言葉を私の手許にある広辞苑で引くと、漢字では「目 と 差」、「眼 と 指」と書き、意味は眼の表情、目つき、まなこさしとある。  私は目の表情...

今日の心の糧イメージ
新たな出発

「今日はわたしが一番若くて一番年をとった日」というのはよく言われることである。  この言葉に出会ったのは20代の頃のことで、その頃にはなるほどと思ったくらいで...

今日の心の糧イメージ
気づき

私たちはカトリック教会の公共要理の一番最初で次のことを学ぶ。  「人がこの世にいるのは天主を認め、愛し、これにつかえ、ついには天国の幸福を深めるためであります...

今日の心の糧イメージ
思いやり

私の母は他人に何かしてあげる時には、その人の立場に立って、本当にその人が欲していることをしてあげるべきだと言っていた。  例えば、「腹がすいてたまらん人に、い...

今日の心の糧イメージ
約束

わたしの母は自分の姪であってもシスターになった姪たちに対しては格別の愛情と尊敬とをもって接した。  なぜなら、「神さまと約束ばして、その約束ば果たすために日々...

今日の心の糧イメージ
言葉の力

7年前に『ことばの形見』というタイトルの本を作品社より刊行していただいた。  副題を「父母からもらった50の言葉」とつけた。  私たち5人のきょうだいは、父母...

今日の心の糧イメージ
幼子誕生

私の生まれ育った五島ではイエズスさまのことを御子さまと呼んでいた。  御子さまと書くだけで、私の心はなつかしさでいっぱいになる。  幼少の頃、クリスマスの前に...

今日の心の糧イメージ
いつも生き生きと

私が目標にしているおばあさんがいる。  ひとりは、五島の小さな島で暮らしていたおばあさん。その人のことは『ばんばのつぶやき』という本にまとめた。  ひとり暮ら...

今日の心の糧イメージ
一致を願う

私の少女時代、五島福江教会の松下神父さまによくいわれたことは、「線の上に心を置くように。線とは、神さまと人間界との境界線。線の上に心を置く修養をしていると、線...

今日の心の糧イメージ
心を一つに

今年に入り、新型コロナウイルスの感染が世界中に広まり、死者も増え続け、すべての業種が自粛を求められ、世界全体が大不況に襲われる、そんな状況になってきた。  知...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10