今日の心の糧イメージ
よろこび

私は今年、73歳。ふるさとの父は64歳で帰天した。父の年を10歳も超えてしまったのに、いまだに私は父のことを思い出すと、小さな童女に戻ってしまう。  私が何か...

今日の心の糧イメージ
希望はここにある

73歳でゆかりの男性が旅立ち、夫とともに葬式に伺った。若い頃から酒に溺れ、妻子に多大な迷惑をかけた人であった。  酒を飲まない時にはおだやかなやさしい人である...

今日の心の糧イメージ
その時『わたし』は

死について私が一番最初に意識したのは8歳の時であった。  母の従妹の子どものT君が10歳で脳腫瘍のため急死した。  T君は頭が良く、運動能力もすぐれていた。 ...

今日の心の糧イメージ
息吹

息吹ときいて、まっ先に思い浮かべるのが、聖女リタの"ぶどうの樹"である。  リタは結婚し、子どもも生まれ、普通の結婚生活を送り、夫や子どもを天国へ送り出したあ...

今日の心の糧イメージ
歓迎する

私の父母は人間が大好きで、我家へやって来る人を大歓迎した。 「よう来た、よう来た、早う上がんなはれ。飲みなはれ、食べなはれ、泊まりなはれ」と誰であっても笑顔で...

今日の心の糧イメージ
ひたすら前に

朝、目が覚めると、「ああ、生かされていた」と神様に対し感謝の念が湧き起こる。  特に、前夜ひどいめまいなどがしていた時には尚更、ありがたいなと思う。  週の立...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

聖家族がこの地球上で暮らしたのは2000年も前のことなのに、現在、私たちが考えさせられ、学ばせられることが沢山ある。  まず、イエズスさまの誕生のシーン。  ...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

私の父は明治37年生まれ。先の戦争の時、何度か招集されて戦地へ行ったが、私の記憶する限り、戦地の話をほとんどしなかった。  衛生兵であったから、傷ついた人、亡...

今日の心の糧イメージ
青春

若いというのはただ年令が若いということであるが、若々しいというのは、年令に関係なく若いということだと思う。青春というと十七、八歳の若者だけに与えられた季節のよ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

私の五島列島の実家の墓には、私の書き文字で「まわりをあたためていた家族、命ゆたかに生きて、今ここに肩寄せ合って眠る」と彫られている。  これは母の願いであった...

1  2  3  4  5  6  7  8  9