今日の心の糧イメージ
歓迎する

私の父母は人間が大好きで、我家へやって来る人を大歓迎した。 「よう来た、よう来た、早う上がんなはれ。飲みなはれ、食べなはれ、泊まりなはれ」と誰であっても笑顔で...

今日の心の糧イメージ
ひたすら前に

朝、目が覚めると、「ああ、生かされていた」と神様に対し感謝の念が湧き起こる。  特に、前夜ひどいめまいなどがしていた時には尚更、ありがたいなと思う。  週の立...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

聖家族がこの地球上で暮らしたのは2000年も前のことなのに、現在、私たちが考えさせられ、学ばせられることが沢山ある。  まず、イエズスさまの誕生のシーン。  ...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

私の父は明治37年生まれ。先の戦争の時、何度か招集されて戦地へ行ったが、私の記憶する限り、戦地の話をほとんどしなかった。  衛生兵であったから、傷ついた人、亡...

今日の心の糧イメージ
青春

若いというのはただ年令が若いということであるが、若々しいというのは、年令に関係なく若いということだと思う。青春というと十七、八歳の若者だけに与えられた季節のよ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

私の五島列島の実家の墓には、私の書き文字で「まわりをあたためていた家族、命ゆたかに生きて、今ここに肩寄せ合って眠る」と彫られている。  これは母の願いであった...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

先日、新聞を読んでいたら、読者の川柳欄に、そうだ、そうだ、と思う川柳が紹介されていた。 『老人はみんな何かの専門家』  ずいぶん以前に、本のタイトルも忘れたが...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

私の母はとても忙しい人であった。5人の子育て、家計を助けるための和裁仕事、年中、我家へ出入りする食客、泊まり客、相談にやってくる人々・・・。  と列記したらい...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

私の父はやさしいやさしい人であった。  私は父から大声で叱られたり、ましてや叩かれたことなど1度もない。  他のきょうだいも同じである。  寒い冬には、「ミン...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

大阪で暮らして50年余りも経つのに、何かの拍子にふるさとの言葉がでる。  先日も、たまっていた用事が片づいた時、「あんどこんどした」と思わず口からついて出た。...

1  2  3  4  5  6  7  8  9