今日の心の糧イメージ
共存共栄

かつての四季の移り変わり、そしてその中での佇まい――これらはもう、味わえないのでしょうか。地球の自然環境は、加速度をつけて破壊されています。私たちが今体験して...

今日の心の糧イメージ
喜びの日

「子供を授かってから最も変わったのは、私の心。‶自分のいのちより大切な存在がある〟と気づいたこと」ーー友人の一人が、そう年賀状に記していました。  いのちの誕...

今日の心の糧イメージ
安らぎ

水のある風景――それを目にすると、なぜかホッとします。川でも、湖でも、そして海でも。きっと、自分のいのちの原体験が、その中にあるからでしょうか。  いのちは水...

今日の心の糧イメージ
ときめき

人は、良くも悪くも、変わります。もちろん、できることなら、いい方に変わりたい、と思います。そんな私たちに、神は、尋ねます――「あなたは、どんな人になりたいのか...

今日の心の糧イメージ
麗しい

「麗しい」――その意味にはいろいろありますが、例えば、「整っていて美しい」が、思い浮かびます。では、「麗」という文字の意味は何なのか。辞書によれば、「美しいつ...

今日の心の糧イメージ
挨拶

2022年2月24日、ロシアが、ウクライナに侵攻しました。  これは、私たちにとって、驚きであり、戸惑いであり、また悲しみでもありました。なぜなら、このような...

今日の心の糧イメージ
レジリエンス

レジリエンス(resilience)――この言葉を聞かれたことは、あるでしょうか。もともとは、物理学で使われていた言葉のようですが、現在では、心理学においてよ...

今日の心の糧イメージ

それまでの流れが、ふっと止まったかのような時があります。例えば、午前零時を境に、新たな年を迎えるような時です。時と時間は、どこか違うような気がします。時間は流...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

良寛さんが諸国遍歴の後、故郷越後の五合庵に落ち着いたのは、47歳。そこでの生活は約13年間、その後、乙子神社草庵に移り約10年間を過ごします。彼の生活は、いた...

今日の心の糧イメージ
めばえ

「瓜の蔓には茄子はならぬ」といったことわざがあります。「平凡な親からは非凡な子は生まれない」といった意味でしょうか。しかし、その反対のことわざもあります。「鳶...

1  2  3