今日の心の糧イメージ
幼子誕生

ずいぶん昔、本の題名もすべて忘れてしまいましたが、ある本を繙いていたら、こんな意味の詩に出会ったことがあります。「この世における愛が信じられない時でさえ、幼子...

今日の心の糧イメージ
先輩に倣う

先輩は大勢いますが、尊敬できる先輩というのは、なかなか少ないものです。人生において本当に尊敬できる先輩が傍にいてくれたら、自分の人生はどんなに楽しく、輝かしい...

今日の心の糧イメージ
いつも生き生きと

私は、かつて大学で人間学という科目を担当したことがあります。人間とは何かを考えさせるためでした。  その時、聖書の人間像を紹介しました。  それには、神さまが...

今日の心の糧イメージ
心を一つに

人は単独では生きられません。だから、共同体を作るのです。家族はその基本です。夫婦二人だけでも、共同体です。いわんや子どもがいれば、なおさらです。  人生にはい...

今日の心の糧イメージ
ある人の一言

大学生のとき、わたしは学生寮に住んでいました。  大学では古典語のラテン語を主とする哲学を専攻していたので、月曜日から土曜日までの毎日、1、2時限にラテン語の...

今日の心の糧イメージ
夏の思い出

わたしは、東北の山国に生まれ、育ちましたので、夏の思い出といえば、山しかありません。  最近は海も好きになりました。以前、3月にイスラエルを旅行した時に、最後...

今日の心の糧イメージ
親と子ども

10人兄弟の末っ子として育った私ですが、早くに両親を失ったからこそ、親子の愛情こそが、幸せの源泉だと主張したいのです。  男兄弟が8人、女姉妹が2人ですが、長...

今日の心の糧イメージ
よろこび

「主において常に喜びなさい」この言葉は、新約聖書の「フィリピの信徒への手紙」の一節です。それは次のすばらしい言葉の前に、著者のパウロが書いている言葉です。少し...

今日の心の糧イメージ
その時『わたし』は

今回のテーマに関連すると思いますので、拙いながらわたし自身の受洗についてお話ししたいと思います。  わたしは、日本が戦争のさなか、東北の田舎で、教会もない町に...

今日の心の糧イメージ
息吹

春の陽光を浴びながら、命が息吹くとき、万物は生気を取り戻します。聖書の創世記にもあるように、大地の塵で人を創造された神が、その鼻に「命の息」を吹き込まれたので...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10