今日の心の糧イメージ
共存共栄

一時代前、人混みでぶつかるときには、ふとした弾みが大半でした。  しかし最近は、スマートフォンを操作する、周りをまったく見ずにおしゃべりするなど、周囲への注意...

今日の心の糧イメージ
喜びの日

中学生時代に通ったプロテスタントの教会では、日曜学校の生徒がクリスマス礼拝の後で「キャロリング」に行っていました。お年寄りや病気の信者さんのお家を廻ってクリス...

今日の心の糧イメージ
安らぎ

我が家の近所のショッピングモールに、ストリートピアノが登場しました。決まった時間に一人10分まで演奏ができます。楽器はモールに教室を持つメーカーのアップライト...

今日の心の糧イメージ
ときめき

いま住んでいる家に引っ越して数年過ごすうちに、楽しい発見をしました。ある季節、ある時間に、とても良い声の小鳥が来て囀るのです。声の質から考えてセグロセキレイで...

今日の心の糧イメージ
麗しい

私が心から「麗しい」と感じたのは数十年前、ソウシチョウという小鳥に出会ったときでした。当時はペット飼育が許可されていて、私たち家族は延べで一〇羽近くを飼いまし...

今日の心の糧イメージ
挨拶

一戸建ての家に住む友人が我が家を訪ねてきたとき、驚いてこんなことをいいました。  「みんな、『こんにちは』って言い合うんだね」。  言われてみるとたしかに、親...

今日の心の糧イメージ
レジリエンス

昨今よく耳にするレジリエンスという英単語は、「困難に適応する能力」と訳されることがよくあります。ただニュースの翻訳ではこの言葉に定訳がなく、原文の意味に応じて...

今日の心の糧イメージ

アメリカの高校に留学していたとき、ホストファミリーのお母さんが感情が高ぶって泣いている私を抱きしめて、こういいました。  「大丈夫。夜が面倒を見てくれるから」...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

無欲無私と聞くと、とかく「柔和で淡白で粛々と振舞う」といったイメージが出てきがちかもしれません。もちろん、第一の意味としてはこれが正しいので、人間としては目指...

今日の心の糧イメージ
めばえ

カトリックのミサで印象的なのは、「希望」、「望み」といった未来志向の言葉が多く話されることです。「復活の希望」、「神を待ち望む」という言葉が有名です。  イエ...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11