今日の心の糧イメージ
歓迎する

2018年から2年間、福音館書店の児童向け雑誌の折込付録にショートエッセイを連載しました。そのための取材の中で、私には未知の世界だった保育園での体験は大変印象...

今日の心の糧イメージ
ひたすら前に

2018年、私は「浜松国際ピアノコンクール」の本選を聞きに行き、あることに気付きました。  入賞しなかった出場者たちが優勝者と何ら変わらない雄雄しさで次のコン...

今日の心の糧イメージ
共にある

ここ10年来お世話になっている歩行訓練士のSさんに、ふたたび助けをいただくことになりました。歩行訓練士とは、白杖で歩く私たちに、熟練度に応じて杖の使い方から高...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

ヴィッキー・ディレニーが書いた、アメリカのライトミステリー、「クリスマスも営業中?」の一節に、はっとしました。  この本では、一年中クリスマスを演出して商店街...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

エッセイストになったきっかけが鳥の声にまつわる本だったことから、私はよく、講演で鳥の話をします。その主眼は、環境保護と世界平和です。  これらは一見別のテーマ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

エッセイストとして講演しはじめたころ、私は壁にぶつかりました。人見知りな面があり、大勢の人の前に出ると戸惑ってしまうのです。スポットライトを浴びて拍手を聞いた...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

いろいろな応募情報の中で、私が一番驚いたのは、90歳以上の方しか応募できない俳句コンテストでした。入選句を見て2度びっくり。高齢者と言われなければ気づかないよ...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

私は実家近くに住んでいますが、母が来ると冷蔵庫が大変なことになります。大袋一杯のおにぎり、手作りのおかず、果物、野菜と私が助かりそうなものをどっさりもってきて...

今日の心の糧イメージ
平和を考える

私が最初に得た仕事は、英語のニュースを日本語に翻訳するというものです。この仕事はエッセイを執筆している現在も続けていて、かれこれ20年になります。その仕事のな...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

私の父は、高度成長期のサラリーマンでした。心優しく、私をかわいがってくれる人なのですが、なぜか若いころは、よくぶつかりました。性格が似ているためではないか、と...

1  2  3  4  5  6  7  8  9