今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

私には「父のぬくもり」という実感がありません。私の幼少の頃は、父もまだ若すぎたのかも知れません。可愛がって育てて貰ったのは確かだと思いますが、何か満ち足りてい...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

少し前、私は「バラの騎士」というシュトラウスの名曲を指揮しました。  この作曲家の驚くべき才能によって、冒頭から、旋律が奔流のように溢れ、躍動し、私達をめくる...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

木や草に、花が次々と咲き始め、春の到来を知らせてくれる最も美しい季節は、やはり3月でしょう。それまでひっそりしていた大地が、一斉に衣装をつけたというような、色...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

主は我らの支え、主は我らの柱。 教会では折にふれてこの聖歌を歌います。この歌の意味するところを、昔のイスラエル人がよくわかっていればよかったのですがね。 私は...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

のんびり屋の私からみると、毎日仕事に出かけなければならないお父さんたちやお姉さんたちには、ご苦労様ですと思わず頭が下がる思いがします。特にあの副都心のとても評...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

我が家の息子は、カトリックの幼稚園、小学校に行っていたので、毎日、みんなと一緒に祈る時間がありました。その中で、自分が神様から愛されていること、親、先生、友達...

今日の心の糧イメージ
『今日の』祈り

私達は日々、身の回りに起きる様々な波紋に対応しながら生活しています。波紋は起きるだけではなく、起こすこともあります。 例えば私は先ほど、指揮のレッスンの日取り...

今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

もう60年以上前の話になりますが、私はボーイソプラノが主役であるオペラに、その主役として出演するように、抜擢されたのでした。 こんなことはどう考えても、実に確率...

今日の心の糧イメージ
分岐点

私に指揮を習いに来ていた、女性合唱指揮者がいらっしゃいました。数年前、その方は、家族で丹沢に登山中、皆が休む時、もう少し先まで1人で行くと言って、そのまま行方不...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

兎追いしかの山、小鮒釣りしかの川・・・。恐らく、この歌の風景が、私達世代の高齢者の心に宿る故郷という存在の原風景だと思います。それでも、おのおのの故郷はやはりそ...

1  2  3  4  5  6