今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

ビーズ刺繍の聖母子のイコンを見た。一針一針、刺繍されたイコンは、聖母子の生涯が大いなる喜びであると同時に、容易ならざる旅であることを暗示させる。  本来なら、...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

祖母は11歳のとき、両親と4人の兄弟とともに、松島を旅行した。その時の印象を、「こんなに幸せでいいのだろうかと、怖くなった」と、幼い私に話してくれた。次の年、...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

わたしはバスに乗るときのマナーがあまり良くなかったので、遅すぎる改心だが、バスに乗るときには「おはようございます。よろしくお願いします」と挨拶し、降りるときに...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

教会の主日のミサに行くと、白髪をきれいに整え、前髪をピンで留めて、静かな佇まいの小柄なアサさんが席に座っている。私はときどき、アサさんの席の隣に座ることがある...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

母が天のふるさとに帰ってからもうすぐ4年経つ。  母は和紙をとじた小さな「御言葉手帖」に好きな御言葉を綴っていた。今まで気づかなかったのだが、この手帖に、4つ...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

父が子ども用のスキーを買ってくれたのは、3歳を過ぎた頃だった。父は実家近くのスキー場に連れて行ってくれた。初めは子ども用のところで滑っていたが、山頂から滑って...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

先日、ドイツの総統ヒトラーが唯一恐れていたフォン・ガーレン司教の伝記を読んだ。  ヒトラーの命令により、ナチはお年寄りや障がいをもった人を連れ去り、「安楽死」...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

教皇フランシスコはロザリオの祈りの終わりに、2つの祈りを唱えるように勧めている。「聖母マリアへの祈り」と「大天使聖ミカエルへの祈り」である。以来、私はこの地球...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

1枚の写真がある。そこには祖母、うつろな表情の母、そして弟と私が写っている。なぜか私は目に涙をいっぱいためて、大きな人形を抱いている。この数日前、私の家では悲...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

私がライターとして少しずつ働くようになったのは、60歳に近づいた頃からだった。自分の職業はライターだと信じて努力をしてきた。今、「心のともしび」の原稿を書かせ...

1  2  3  4  5  6  7