今日の心の糧イメージ
喜びの日

クリスマスは、神のおん独り子イエスさまが、地球上に住むすべての人びとに愛を告げ知らせるために誕生したことを祝う日。  ベツレヘムの貧しい馬小屋の飼い葉桶に、こ...

今日の心の糧イメージ
安らぎ

花が縁で親しくなったお方の庭を訪れた。淡いオレンジ色の花びらを重ねたバラを指して、「このバラの香りをかいでごらんなさい」と言われた。私はこれほど甘美な香りをし...

今日の心の糧イメージ
ときめき

以前、帝国劇場で上演された秋元松代作、蜷川幸雄演出の『近松心中物語 それは恋』に出演している時、私の出番は幕開きの3分、それも舞台奥の廓の二階のセットに座り、...

今日の心の糧イメージ
麗しい

小高い丘をくだる途中で、花の手入れをしている朱美さんに出会う。  いつごろからか朱美さんに挨拶をするようになり、時折、朱美さんは庭の花を見せてくださるようにな...

今日の心の糧イメージ
挨拶

今この時も世界のあちこちで争いが絶えない。この2月にも、まさかと思いながら見守っているうちに戦争が始まってしまった。  さて、イエスの十字架刑の急展開したきっ...

今日の心の糧イメージ
レジリエンス

私はあるシスターに仕事上の人間関係の悩みを相談した。シスターは聖書の中に出てくる、マリアのエリサベト訪問の箇所を挙げ、二人の母の生き方を見つめて、自分を受け入...

今日の心の糧イメージ

「ねえ彩花、今日の空の色は何色?」という、香織の復活を告げる言葉で終わる劇を上演した。  私はその頃カトリック系の女子大で、幼稚園の教諭を目指す学生に演劇を教...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

オランダのヴェスターヴォルク駅で列車は停車した。その中に十字架のテレサ・ベネディクタ修道女がいた。その駅で彼女は、「私たちは東に向かって走行中」とのメモを知人...

今日の心の糧イメージ
めばえ

住まいから教会まで、裏の土手を登れば1分で行けるので、私は一日に何回かご聖体訪問に行く。小聖堂の聖櫃の前に行き、思いわずらっている問題を告白してその解決を願う...

今日の心の糧イメージ
サステナブル

江戸時代中期、上杉鷹山が米沢藩九代藩主となった。鷹山こそサステナブルを推進した名君と言っても過言ではない。鷹山自身も一汁一菜、着物は木綿をまとい、奥女中も10...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10