今日の心の糧イメージ
時のしるし

教皇フランシスコはロザリオの祈りの終わりに、2つの祈りを唱えるように勧めている。「聖母マリアへの祈り」と「大天使聖ミカエルへの祈り」である。以来、私はこの地球...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

1枚の写真がある。そこには祖母、うつろな表情の母、そして弟と私が写っている。なぜか私は目に涙をいっぱいためて、大きな人形を抱いている。この数日前、私の家では悲...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

私がライターとして少しずつ働くようになったのは、60歳に近づいた頃からだった。自分の職業はライターだと信じて努力をしてきた。今、「心のともしび」の原稿を書かせ...

今日の心の糧イメージ
天の国の鑑

私の祖母は12歳の時に母親が亡くなり、4人の兄弟が残された。 父親は12歳の祖母を親類に預けた。それから20歳になるまで、親類を転々とした祖母は、人の心の様々...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

弟夫婦には3人の子供がいた。長男と長女は双子で、次男が生まれた。しばらくして4人目が生まれることになった。その頃、私はすでに東京の出版社で働いていた。子供たち...

今日の心の糧イメージ
『今日の』祈り

祖父は橋を架ける仕事をしていた。大雨の日でも現場に行き、雨ガッパに長靴を履いて、工事の様子と作業員1人ひとりを見守っていた。私は子ども心に祖父の佇まいが心に焼...

今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

数年前のクリスマスイブの夕方、わたしは右膝の十字靭帯を切り、医師に安静を言い渡された。クリスマスは、幼な子イエスのご誕生を祝う大きな喜びの日だった。しかしその...

今日の心の糧イメージ
分岐点

以前、ローマでバスに乗ろうとした時、長い列ができていたので、次のバスに乗ることにした。見晴らしのいい座席に座って、壮麗な街並みを見ながら目的地に行こうと思ってい...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

ふる里はどこにあるかと探しても見つからない。しかし、ずっと記憶をたどっていくと、わたしにとってのふる里は、心の中にあると思うようになった。ろだったと思う。わたし...

今日の心の糧イメージ
信仰の核心

ある日、青少年についてのセミナーがあり、参加した。その日は、ヨーロッパ修道院の父と言われた聖ベネディクトの双子の妹、聖スコラスチカの記念日だった。講堂には、多く...

1  2  3  4  5  6