今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

今はやりの、自己啓発のグループのプログラムに、「自分とは何か」のセッションがありました。  まず、自分の役割とはなんですか?と問いかけられます。  それぞれ「...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

この人生を80年90年、そしてこの頃では100才を超える方々も稀ではありません。  この人生の大先輩ともいうべきこの方々から、わたし達が教えられることはけっし...

今日の心の糧イメージ
愛の実践

愛するってどういうことだろう。  家族や気の合う大事な友達を愛せるのはあたり前だし、わざわざ愛するとは?なんて問い直すまでもないこと。  問題は「いやなひと」...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

うちの母って、ちょっと変わった母親でした。  小さい時はそれが不満でした。いわゆる「母ものドラマ」に登場する、何もかも包み込んでくれる、優しくたのもしい母、目...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

66才のまだ働き盛りで肺ガンに倒れた父は、明治最後の年の生まれ、生きていたら今年で105才です。  その父のぬくもりの思い出を辿るのはそう簡単ではありません。...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

ホッとするとき、ってどんなときでしょう。  私がすぐに思いつくのは、ひと仕事すませた後のカフェでの一杯。あとは、お風呂でのんびりお湯に浸かっているときなどでし...

今日の心の糧イメージ
時のしるし

「ボンビー・ガール」という言葉、一時流行っていたのが、この頃また復活しているとか。  なんのことかと思ったら、貧乏ガールをひっくり返した言い方なんですね。1ヶ...

今日の心の糧イメージ
わたしの支え

週に1度、Kさんのお宅に通っています。 彼女はこの数年、自宅のベッドの上でだけ、生活しておられる方です。 はじめてお会いしたのは、ある聖書の勉強会でしたが、そ...

今日の心の糧イメージ
たえず1歩前に

この夏の、あくまでも私個人の出来事です。とるに足らないといえばそれまでのこと。とにかくまともに歩けなくなったのです。 3年前の右の足首の骨折が、今ごろ悪化して...

今日の心の糧イメージ
子どもの祈り

「どうかあしたの朝のパンに、ジャムがたっぷりもらえますように」 こんなかわいらしい祈りが、アンデルセンの童話に出てきますね。お月さまがこっそりのぞいた幼い男の...

1  2  3  4  5  6  7  8