今日の心の糧イメージ
いつくしみの特別聖年

「いつくしみの特別聖年」の公布と聞いて、心底うれしく思いました。現代人の考え方は、過去の人々よりいつくしみを忘れているのではないか、とのメッセージは自分自身への...

今日の心の糧イメージ
勇気を持って歩む

「じつはこの頃もの忘れがひどくなってね。脳のMRIというのを初めて体験したんですよ。結果は問題なしでしたけれど」と、Aさんが話したのは教会のあるグループのわかち...

今日の心の糧イメージ
なつかしい

呼び鈴を押して扉が開かれると、バタークッキーの甘く香ばしい匂いが奥の廊下の向こうから漂ってきて・・匂いの記憶って不思議なリアリティーがあるものですね。学校帰りに...

今日の心の糧イメージ
共にいる神

「イエスさまは、いつもわたし達とともにいてくださる」って、いくど繰り返し聞いてきたことでしょう。ミサのお説教のなかで、聖書の勉強会で、ある時はシスターの霊的指導...

今日の心の糧イメージ
クリスマスとは

「クリスマスには愛の告白を・・真実の愛を告げる日です・・」ある若い司祭の、クリスマスのメッセージの中のひとことでした。みんなびっくり。「えーっ、そんなことだった...

今日の心の糧イメージ
ストレス解消法

ある夏の黙想会の昼さがり。泊り込みの黙想会とは、お祈りの合宿といっていいでしょうね。「黙想会の家」のスタッフが作ってくださったおいしいお昼ごはんをいただいて、ひ...

今日の心の糧イメージ
岐路に立つ時

右に行くか、左に行くか。 ここに留まるか、一歩踏み出すか。この人に従いていくか、独立を選ぶか。ー岐路に立っての決断の時です。ふだんから決断力の乏しい私などは、も...

今日の心の糧イメージ
天の国の鑑

天の国のひと、といえばすぐ思い浮かぶのは九州は小倉在住のNさんとそのお姉様のことです。Nさんだけでも、20代からその生涯のほとんどを、足の不自由な神父様の、文字...

今日の心の糧イメージ
マリア様の役割

小学校5年生のときでしたか。日曜学校でのはじめてのクリスマス会。まだ通いはじめてまもないわたしの役は、羊飼いでした。「あたまに被るフロシキと、それをくくりつける...

今日の心の糧イメージ
無限の可能性

70才の誕生日を迎えた友人のMさんのメッセージは、「これからは、いっさいトシのことは考えないでゆきます」。でした。もともと明るく素直な人柄で、笑顔のステキな女性...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7