今日の心の糧イメージ
扉を開ける

2020年のコロナ禍を境に世の中が一変した感がある。長く不安な心で過ごすことも多く、異常気象が当たり前となり、日本特有の四季の穏やかな移り変わりを心から楽しめ...

今日の心の糧イメージ
捧げる

子どもの頃、母親代わりの伯母が、毎晩仏壇の前でお経をあげるのをそばで聞くのが好きだった。灯が揺れる雰囲気に人の力を超えた尊い存在を朧に感じた。お経の初めを覚え...

今日の心の糧イメージ
導かれて

マザー・テレサは3度来日されて各地で講演され、数々の名言を残されている。その中で「祈ることを教わりなさい」との言葉が何故か忘れられない。信者になって数年だった...

今日の心の糧イメージ
輝く

コロナ禍と膝の痛みで休んでいた、近くの公園の散歩を久しぶりにした日、雑草に紛れて咲く青紫の小さい花を見つけた。初めて見る花で、「私を見て!」と言わんばかりの凛...

今日の心の糧イメージ
ひらめき

「ひらめく」を広辞苑でひくと、「光が忽ち輝き、忽ち消える」「思いつきなどが瞬間的に頭に浮かぶ」とある。  ニュートンがリンゴの落ちるのをみて万有引力を発見した...

今日の心の糧イメージ
ふれあい

私の住んでいる街では年に6回「学区内ふれあい食事会」が行われていた。一人住まいの高齢者が、民生委員やボランティアの手作り料理を自由におしゃべりしながら200円...

今日の心の糧イメージ
親近感

2020年春のイースターは寂しいものだった。イエス・キリストの十字架の死と復活により世が救われた大祝日なのに、教会で讃美歌も歌えず、友人と喜び合うことができな...

今日の心の糧イメージ
生きがい

両親を早く失くし、皆に可愛がられ何も不自由はなかったが、心の奥に寂しさの空洞があり、両親のいる友達が羨ましかった。子どもの大勢いる普通の家庭に憧れた。  思...

今日の心の糧イメージ
渇き

今月のテーマは「渇き」。この漢字を恥ずかしながら私は知らなかったので広辞苑で調べた。「水分がなくなる乾き」の次に「食っても食っても食い足りぬ気持ちのする病気」...

今日の心の糧イメージ
ゆるし

ラジオ放送のテーマ「ゆるし」をひらがなで頂いた。この言葉の二つの漢字と意味の違いをドイツ人神父様に教わった事を想いだした。「許可のきょ」と「恩赦のしゃ」。  ...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11