今日の心の糧イメージ
いつくしみ

「悪いことばかりしていると、死んでから地獄に行きますよ」と言って、親や祖父母が腕白な子どもを叱る。そんな場面が、昔はよく見られたように思う。キリスト教の神父の...

今日の心の糧イメージ
心のなごみ

辛いこと、悲しいことが起こったときには、つい部屋に閉じこもりがちだ。立っているのさえしんどくなり、頭から布団をかぶって一日中、寝転んでいたい気分になるのだ。心...

今日の心の糧イメージ
めばえ

人間の心には二つの種がまかれているように思う。一つは、名誉や権力、財産などを手に入れることによって成長してゆく欲望の種。もう一つは、逆に、自分が手に入れたもの...

今日の心の糧イメージ
気づき

ときどき、人から頼まれて写真を撮ることがある。わたしの趣味が写真だと聞いた人から、「じゃあ、わたしの写真も撮ってください」と頼まれるのだ。希望通り写真を撮って...

今日の心の糧イメージ
新たな出発

「こんなことをしても状況は変わらない」と思えば、何も始める気にならない。「これをすれば、状況が少しでもよくなるかもしれない」と思うからこそ、わたしたちは何かを...

今日の心の糧イメージ
思いやり

東日本大震災の直後、イタリアのテレビ番組の中で、津波を生き延びた東北の少女が当時の教皇ベネディクト十六世に、「なぜ子どもたちが苦しまなければならないのでしょう...

今日の心の糧イメージ
約束

普段は神仏に頼らないという人でも、結婚となると神社や教会などで式を挙げる人が多い。本人たちの間で約束を交わせば、それだけで結婚は成立するはずだが、あえて神仏の...

今日の心の糧イメージ
言葉の力

誰かの一言が、心に深く沁み込んで、一生を支える力となる。そんなことが、これまでに何度かあった。一番、古い記憶は幼稚園のときのことだ。  理由はよく覚えていない...

今日の心の糧イメージ
仕事と私

どんなにやっても目に見える成果が上がらず、誰も評価してくれない。そんな仕事をしていると、つい「何のためにこんなことをしているのだろう」と考えてしまいがちだ。そ...

今日の心の糧イメージ
幼子誕生

幼稚園の子どもたちと一緒にいると、一人ひとりに、その子にしかない素晴らしさがあることに気づく。たとえば、ある子には、グループを引っ張ってゆくための思いやりと決...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11