今日の心の糧イメージ
親と子ども

「うちの子どもは、どうも出来が悪くて」という言葉を、ときどき聞くことがある。「出来が悪い」というのは、主に「学校の成績があまりよくない」という意味のようだ。謙...

今日の心の糧イメージ
希望はここにある

近頃、若い人の口から「自分は社会の役に立っていない。生きる意味がない」という言葉を聞くことがよくある。殺伐とした競争社会の中で、生きる意味を見失う若者が増えて...

今日の心の糧イメージ
二人三脚

歩くとき、一人ならすばやく遠くまで行くことができる。だが、片足を誰かの片足と結ばれて二人三脚となれば、そんなに速くは動けないし、それほど遠くまで行くこともでき...

今日の心の糧イメージ
その時『わたし』は

時の流れを早いと感じるか、遅いと感じるかは、わたしたちの心にかかっている。楽しい仲間たちと過ごす時間はあっという間に過ぎ去り、病の痛みに耐えながら過ごす時間は...

今日の心の糧イメージ
祈りのまなざし

ローマ教皇フランシスコに、あるとき子どもが「教皇として働く中で、何が一番楽しいですか」と尋ねた。教皇は、「みんなと一緒にいることだよ」と答えた。人々と出会って...

今日の心の糧イメージ
息吹

最初の人間アダムは、土から造られたと聖書にある。(創世記2・7)神は土をこねて人の形を造り、最後に鼻から「命の息」を吹き入れた。すると人間は「生きる者」になっ...

今日の心の糧イメージ
歓迎する

マザー・テレサと出会った多くの人が、「わたしはマザーから世界で一番愛されている」と感じた。たった5分、立ち話をしただけの人でさえそうだ。マザーはどうやって、そ...

今日の心の糧イメージ
ひたすら前に

マザー・テレサはよく、「わたしは、神様の手の中の小さな鉛筆に過ぎません」と言っていた。彼女の人生という一枚の素晴らしい絵は、彼女という鉛筆を使って、神様が描い...

今日の心の糧イメージ
共にある

聖書が描く人類で最初の殺人は、兄弟げんかがエスカレートしたものだった。弟アベルの捧げものだけを神が喜んだことに腹を立てた兄カインが、弟を殺害したのだ。カインを...

今日の心の糧イメージ
それでも感謝

イエス・キリストは弟子たちに、「私について来たいなら、自分の十字架を背負いなさい」と言った。(マタイ16・24)十字架というと、病気や怪我、挫折など何か苦しい...

1  2  3  4  5  6  7  8  9