今日の心の糧イメージ
扉を開ける

皆さん、引いて開ける戸を押していたり、押す戸を引いていたり、という経験はありませんか。わたしはどうも元来粗忽者なので、度々そういうことがあります。  わたした...

今日の心の糧イメージ
旅路

小学校の帰り道、(うちの学校のよい子たちには内緒ですが)、まっすぐ家に帰ったことはほとんどありませんでした。毎日、仲間たちと一緒にいろんな道を探索し、遊びなが...

今日の心の糧イメージ
捧げる

~~イエスさまが、5千人以上のお腹を空かせた人たちに、なんとか食べさせてあげたいと願っていた時、ひとりの子どもが、持っていた五つのパンと二匹の魚をささげました...

今日の心の糧イメージ
導かれて

小学校の前の芝生広場を歩いていると、1年生の子どもから声をかけられました。「ねぇ、こっち来て」というので、ついていってみます。「これ見て」と、指差したのは、虫...

今日の心の糧イメージ
輝く

輝くものは数あれど、中でもいつも美しいと思わせられるのは人の目です。  幼い子どもたちの目はほんとうに透き通っていて、星よりも輝いて見えます。  先日、小学生...

今日の心の糧イメージ
活かしあう

小学生の二人の男の子が、競り合いながら教室へ駆け込んでいきます。二人は、相手の一挙手一投足が気になってしかたがありません。一人が走り出せば、もう一人も走り出し...

今日の心の糧イメージ
ひらめき

子どもたちと一緒におにごっこをしていたときのことです。ひとりの子がはたと立ち止まり、目を輝かせて「いいこと思いついた!」と言いました。なんだかまずい予感。「み...

今日の心の糧イメージ
ふれあい

五感の中でもとりわけ触覚は、一人ひとり、一期一会で感じ方の違う極めて主観的な感覚だと、触覚の共有について研究している大学教授の田中由浩さんは言います。  幼い...

今日の心の糧イメージ
いごこち

初めての授業で出会った4月には、こちらを伺うようなまなざしを向けていた小学2年生の子どもたちも、今は屈託ない表情で何でも話してくれます。  ある日のことです。...

今日の心の糧イメージ
親近感

昨年、一冊の絵本に出会いました。ジョアン&ラファエラ・ブラッドヴィカ作、「DONUTS AFTER MASS」(ミサ後のドーナツ)という、アメリカで描かれた4...

1  2  3  4