今日の心の糧イメージ
無欲無私

「イエスは、ある貧しいやもめがレプトン銅貨2枚を入れるのを見て言われた。『確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。この人は、乏しい中...

今日の心の糧イメージ
めばえ

柔らかい太陽の光に照らされて、土だらけの庭に小さな新芽がキラリと光る。蒔いた覚えもない小さな花が、いつの間にか、殺風景な庭をかわいく彩っている。  天地を創造...

今日の心の糧イメージ
サステナブル

最近、SDGsという言葉とともに「サステナブル」という言葉も目にする機会が増えました。サステナブルとは、「持続可能な」という意味があり、主に自然にある資源を長...

今日の心の糧イメージ
共生社会

昨年の夏、日本ではオリンピックに引き続き、パラリンピックが開催されました。正直に言うと、パラリンピックを真剣に観戦したのは今回が初めてで、パラリンピックという...

今日の心の糧イメージ
沈黙

「沈黙を聴く」「沈黙に触れる」「沈黙の中で響く」という言葉があります。なぜ静かに黙しているのに、その中で誰かの声を聴いたり、何かに触れたり、何かと響き合ったり...

今日の心の糧イメージ

イエスが荒れ野で断食し空腹を覚えられた時、誘惑する者がイエスに近づき、石がパンになるよう命じるように言いました。しかし、イエスはお答えになります。「『人はパン...

今日の心の糧イメージ
授かったもの

「授かったもの」。  もし私が結婚して子供を生んでいたとしたら、真っ先に"子ども"という事だろう。だけど、私はシスターだから結婚もしていなければ、子供もいない...

今日の心の糧イメージ
ともに生きる

学生時代に東京の山谷に実習で行ったことがある。「山谷」と聞くと、治安が悪く、町全体が暗いというイメージがあり、少々の不安と恐れを抱きながら実習に行ったことを覚...

今日の心の糧イメージ
慎ましく

人間の欲が絡む様々なニュースを見ながら、「幸せってなんだろう」と、ふと考えるときがある。多くのものを所有すること、権力の座にいること、健康であること・・・。で...

今日の心の糧イメージ
いつくしみ

以前住んでいた修道院の玄関を入ったところには、レンブラント作「放蕩息子の帰郷」の絵が掲げてあった。  日頃は気にも留めないその絵が、なぜか疲れて帰ってきた時や...

1  2