今日の心の糧イメージ

イエスが荒れ野で断食し空腹を覚えられた時、誘惑する者がイエスに近づき、石がパンになるよう命じるように言いました。しかし、イエスはお答えになります。「『人はパン...

今日の心の糧イメージ
授かったもの

「授かったもの」。  もし私が結婚して子供を生んでいたとしたら、真っ先に"子ども"という事だろう。だけど、私はシスターだから結婚もしていなければ、子供もいない...

今日の心の糧イメージ
ともに生きる

学生時代に東京の山谷に実習で行ったことがある。「山谷」と聞くと、治安が悪く、町全体が暗いというイメージがあり、少々の不安と恐れを抱きながら実習に行ったことを覚...

今日の心の糧イメージ
慎ましく

人間の欲が絡む様々なニュースを見ながら、「幸せってなんだろう」と、ふと考えるときがある。多くのものを所有すること、権力の座にいること、健康であること・・・。で...

今日の心の糧イメージ
いつくしみ

以前住んでいた修道院の玄関を入ったところには、レンブラント作「放蕩息子の帰郷」の絵が掲げてあった。  日頃は気にも留めないその絵が、なぜか疲れて帰ってきた時や...

今日の心の糧イメージ
心のなごみ

5月、自然が生み出す美しさに色彩られる季節。小鳥のさえずりや小川のせせらぎ、草花の甘い香りに心がホッとなごむ。耳を澄ませて聞かなければ、日常の騒音にかき消され...

今日の心の糧イメージ
気づき

イスラエル・ダビデ王家二代目ソロモンが王位に就いたとき、神はソロモン王を祝福して「何事でも願うがよい。あなたに与えよう」と言います。若きソロモン王は、父ダビデ...

今日の心の糧イメージ
思いやり

電車の窓越しに手を振ってくれる園児たちの笑顔、子供たちの元気のいいあいさつ、通りすがりのお年寄りの会釈、ちょっと目にした文章、ドラマの中のセリフ・・・、心が少...

1