今日の心の糧イメージ
ふれあい

ふれあいというテーマを考えた時、まっさきに思い出す人がいる。  もう天国へ旅立たれたシスターNである。  初めてお会いしたのは、もう30年近く前。  その時、...

今日の心の糧イメージ
ひらめき

1945年10月、戦地から帰って来た父は放心状態で先のことは考えられなかった。  戦地の惨状がよみがえり、夜中にもうなされて飛び起きる日が続いた。  母は父の...

今日の心の糧イメージ
いごこち

私の生家へやってくる人たちは、開口一番、「こん家に来たら、生き返ったごとある」というのが常であった。つまり「いごこち」がいいというのである。  父母は誰がやっ...

今日の心の糧イメージ
親近感

私がまだ五島にいた小・中学生の頃、カトリックではない友だちによく言われたことがある。  「美沙ちゃんの信じちょる神さまは、私どんからすれば、おとろしか(恐い)...

今日の心の糧イメージ
生きがい

若い頃には生きがいについて原稿を求められると、その時々で、様々なことを書いた。  原稿を書くこと、本を読むこと、気の合った友人とおしゃべりすること、飼い猫と遊...

今日の心の糧イメージ
渇き

私は床につく前に、毎夜必ず枕許に、麦茶を入れたマグカップを置く。  夜中に喉が渇いて、よく目が覚めるからである。  夜中、麦茶をおいしく飲みながら、いろいろの...

今日の心の糧イメージ
ゆるし

私の父をひとことで称すなら「おひとよし」、もっとよくいうなら「ゆるしの人」であった。  父の口癖は「自分が他人ばゆるさんじゃったら、自分も神さまにゆるされんと...

今日の心の糧イメージ
委ねる

小学生の頃、カトリックの教え、「公共要理」を習い、これで安心と大変嬉しく思ったことがある。  天主のご存知にならぬことがありますか。  天主は全知の御方で、ご...

今日の心の糧イメージ
共存共栄

私には好きな言葉は沢山あるが、その中でも年々、「好き」が「大好き」になるのが『おたがいさま』という言葉である。  この言葉は幼少の頃から、生まれ育った五島でよ...

今日の心の糧イメージ
喜びの日

昭和21年生まれの私の小学生時代の一日の小づかいは5円であった。  紙芝居を見るのは10円であった。したがって二日に一回しか見られなかった。  しかし、12月...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11