今日の心の糧イメージ
人との絆

五島で暮らしていた子供の頃の子守唄は、我が家に泊まっていたおじさん、おばさんの、歌うような陽気な声であった。  我家で御飯を食べ、飲み、歌にし、やがて眠りにつ...

今日の心の糧イメージ
大切なこと

今年の出発は能登地方での大地震から始まった。  前途多難な予感がして、すぐに手を合わせて祈った。  私の高校1年の秋に五島の福江大火が発生し、我家は全焼した。...

今日の心の糧イメージ
旅立ち

60年ほど前に、私が五島を旅立つ時、多くの人におせん別やはなむけの言葉をいただいた。  松下佐吉神父様には「その場になくてはならない人になれよ」。  梅木ツル...

今日の心の糧イメージ
安らぎ

「人間はさ、どげんな人間でん、眠っとるときには悪かことばせんとよ。じゃけん、どん人も眠っとる時の顔は安らかたいね」と父母は言っていた。  五島の我が家は千客万...

今日の心の糧イメージ
扉を開ける

私の五島の生家は年中鍵をかけなかった。  福江島の中心地にあり、人通りの多い繁華街の一角にあったにもかかわらず・・・。  父母は「いつなんどき、うちん家ば頼っ...

今日の心の糧イメージ
捧げる

50年余り前、父が召された時、母は悲しい中でも一抹の光を見つけたような表情で言った。  「父ちゃんがさ、終油の秘蹟ば授けてもらった時に、松下神父さまが『よく捧...

今日の心の糧イメージ
導かれて

幼少の頃から聖家族の話は父母から、神父さまから、教え方さまから聞かされて成長した。  2千年前の人たちのことなのに、五島の大人たちの「語り」はとても現実的で、...

今日の心の糧イメージ
輝く

30数年前、五島の母が入院したので見舞いに帰った。  母はふたり部屋にいた。  同室のお婆さんはとても小柄で、ベッドに座って静かに祈りを捧げていた。  横から...

今日の心の糧イメージ
神の呼びかけ

神さまはいつでもどこでも私たちの心に住まわれているのに、私たちは気付かずに過ごしていることが多い。あとから考えると、あっ、あの時、神さまが呼びかけてくださった...

今日の心の糧イメージ
活かしあう

30数年前、「心はみえるんよ」というノンフィクションを書き、刊行していただいた。  初老の全盲の女性マッサージ師の先生と知的障害を持つ年下女性との同居生活の記...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11