今日の心の糧イメージ
古い自分を捨てる

私は外見が華やかに見えるそうで、そういう先入観で見られがちであるが、よくよくつき合うと、そうではなく、逆に古風な面が多いので驚く人は多い。そうなのである。私は五...

今日の心の糧イメージ
まわり道をしても・・・

姑が入院していた16、7年前、私は50代の初めで今の何倍もの忙しい生活をしていた。が、ほとんど毎日、夕方には姑の食事介助に通っていた。一番効率の良い道順で行けば...

今日の心の糧イメージ
人生は学び

「人生」という言葉もその意味もまだ知らない幼少の頃、私たちきょうだいは、今から思うと、毎夜、人生讃歌を子守唄代わりに育った。五島列島の津々浦々から集まったおじさ...

今日の心の糧イメージ
私にとっての復活とは

イエズスさまは神さまの御子さまだから、身体の完全な復活をなさった。しかし、私たち人間にはそれは不可能である。いつか神様によって復活できることを信じているが。なら...

今日の心の糧イメージ
キリスト教との出会い

私は母の胎内にいる頃からのカトリック信者である。生まれるとすぐに親の意志により幼児洗礼を受けさせられた。自分自身の意志でキリスト教を選択したのではなかった。幼少...

今日の心の糧イメージ
健康の秘訣

私は五島列島で育ったせいか、歩くことはいとわない。子どもの頃、どこへ行くにもたいてい歩いていた。現在、私は大阪の市内で暮らしているが、我家には車はなく、自転車に...

今日の心の糧イメージ
御子さまっち思えば

五島の母は子どもに好かれる人であった。我子5人、孫4人を育て、人の子を預かってはよく世話をしていた。どの子も母になつくので「チノさんは子どんに魔法ばかけとっとじ...

今日の心の糧イメージ
先輩に倣う

ふるさと五島列島を出る前に、父母から、「もう、父ちゃんと母ちゃんが教えらるっことはあらかた教えたけん、あとはさ、世間の人どんに育ててもらえよ。会社に入ったら、あ...

今日の心の糧イメージ
一致を願う

私の少女時代、五島福江教会の松下神父さまによくいわれたことは、「線の上に心を置くように。線とは、神さまと人間界との境界線。線の上に心を置く修養をしていると、線の...

今日の心の糧イメージ
自然に親しむ

毎夕、食材の買い物に出かける途中、足を止め、見上げる小さな空間がある。 15戸ほどのワンルームマンションの二階の一室のベランダである。マンションの周囲や、他の...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8