今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

年の瀬、12月に入ると、1年を振り返るとともに、アレもしたかった、コレもしたかった。イヤ、これからでもしておかねば・・など、なんとなく、気ぜわしい毎日が続きま...

今日の心の糧イメージ
分岐点

「分岐点」とは、 辞書を見ますと、「道路や物事の別れる所、わかれめ」とあり、その用例として「人生の分岐点」というのが紹介されています。しかし、「分岐点」は人生に...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

「兎追いし かの山 小鮒釣りし かの川」。だれもが歌い、知っている歌、 故郷を懐かしむ歌ですが、この故郷の麗しい風景は、今やおいそれと容易に見られなくなってしま...

今日の心の糧イメージ
自然とわたし

神の知恵を授かった人類は、地上の被造物について、これを生かし、活用することは、神のみ旨に沿った、よいこと、喜ばしいことだと思います。聖書は、生態学の諸問題につい...

今日の心の糧イメージ
わたしの好きなみ言葉

私の聖書には、あちこち、自分の好きなみ言葉に赤線が引かれています。いずれも、キリストが仰せになった大切な掟。私の生活モットーであり、私の生活指針となっています。...

今日の心の糧イメージ
悔い改める

「悔い改める」という、この言葉には、なにか、大変深い重みを感じます。「悔いる」こと、そして「改める」こと。いずれも、そこには、なんらか、人生の行き詰まりや悩みが...

今日の心の糧イメージ
愛でる

青葉若葉の爽快なシーズン、咲き始める花は、なんだろう?と、 さっそく、インターネットで検索したところ、5月に咲く花は、無数。 数え切れず、数千ある中、その「い」...

今日の心の糧イメージ
ゆるし・いやし

「慈しみ深い神は、だれでも求める者に、今すぐにゆるしを与えようと待っておられ」(参:詩編86・5)「もしあなたがたが人のあやまちをゆるすならば、あなたがたの天の...

今日の心の糧イメージ
とりなし

「とりなし」とは、「対立する2者の間に入って、うまく折り合いをつけること」を意味しますが、キリスト教の立場から言うと、「仲介者としての神と人間との間をとりもつこ...

今日の心の糧イメージ
ぬくもり

耳に心地よさを覚える「ぬくもり」というこの言葉、辞書をみますと、「あたたかみ」「ぬくみ」とあり、その用例として、「布団のぬくもり」というのが出ています。寒い冬、...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7