今日の心の糧イメージ
ぬくもり

人間には体温があるゆえに、ぬくもりを求めるのは本能といえるのではないでしょうか。ぬくもりといっても、男女のぬくもり・友情のぬくもり・親子のぬくもり等、いろいろな...

今日の心の糧イメージ
誕生の喜び

人生には〈もう一つの誕生〉と呼べる瞬間があり、それは人それぞれに訪れる岐路の時であります。私は人生初の北海道の旅に出ましたが、〈真の自分〉を探す旅となりました。...

今日の心の糧イメージ
繋がり

人は産声をあげるとき、母親のへその緒とつながったまま、この世に生まれ出てきます。へその緒が切られた後、人生の道を歩み始め、いつかは誰もが一人でこの世を去ってゆく...

今日の心の糧イメージ
評価する

その日、花冷えの天候に少し震えた私は熱を出し、夜は早めに床に入りました。眠りかけた頃、妻の叫び声で目を覚ますと、裸のダウン症児の息子・周ちゃんに、妻は必死で人工...

今日の心の糧イメージ
年を重ねる

幼年期や思春期の自分を思い起こすとき、自分であって自分でないような、不思議な感覚になります。振り返った背後には、長い長い自分の足跡が数珠のように連なり、現在の自...

今日の心の糧イメージ
子育ての実り

今年から心のケアの学校で電話番をしながら、空いた時間は読書と執筆をするという、書生の時間を過ごしています。最近は「お茶の間」と名づけた部屋でお客様をお招きし、温...

今日の心の糧イメージ
先取りする

外出先から家に戻る車の中で、ラジオから流れる会話が気になり、私は耳を傾けていました。「私は、自分が成功している場面をありありとイメージします。すると、心の中に喜...

今日の心の糧イメージ
繰り返し

この冬、息子の周は重いてんかんを治す食事療法のため、神奈川のこども病院に入院し、私と妻は交代で面会に通いました。病院の廊下には同じくダウン症をもつ書家・金澤翔子...

今日の心の糧イメージ
私たちのお母さん

私達が結婚した頃、妻の母は既に他界していました。長く看病をしてきた妻は、「母をきちんと看ることができなかったのでは」という自責の念に苦しんでいました。私達が出逢...

今日の心の糧イメージ
いただく命

私たち夫婦の初めての子供・周が産声を上げたのは五年前の夏のことでした。高齢で出産を迎える妻が急きょ入院し、赤ちゃんの命を守るため帝王切開することになりました。無...

前の10件 1  2  3  4  5