今日の心の糧イメージ
共生社会

友人たちで、家族に料理を作る楽しさ大変さを話していた時のことである。或る年長の友人が「皆で同じものを一緒に食べるのが、家族というものよ」と言った。それは確かに...

今日の心の糧イメージ
沈黙

もう亡くなったが、舅は無口な人だった。舅は一人息子で、彼の母も殆ど口をきかない人だったそうだから、無駄な話をしない暮らしが身体に染み込んでいたのかもしれない。...

今日の心の糧イメージ
クリスマスに学ぶ

クリスマスを祝う習慣は、日本でも、もうすっかり定着したようだ。それでも、クリスマスが善き恵みであることは、まだよくは知られていない。  昨年のクリスマスイヴの...

今日の心の糧イメージ

「主の祈り」には、「わたしたちの日ごとの糧を、今日もお与えください」という一文がある。私も幼い頃から、主の祈りは唱えていたが、子どもというのは無邪気なもので、...

今日の心の糧イメージ
授かったもの

日曜日の公園で、幼い子どもたちがシャボン玉を吹いて遊んでいるのを見た。数えきれない数の虹色の玉が風に乗って飛んで行く。驚いたのは、一人のお父さんがリズミカルな...

今日の心の糧イメージ
慎ましく

日本人女性の宇宙飛行士が、初めてスペースシャトルに搭乗したのは1990年代のことである。宇宙から帰ったその方、向井千秋さんに、小学生がインタビューする短い番組...

今日の心の糧イメージ
いつくしみ

「いつくしみ深き 友なるイエスは 罪とがうれいを とり去りたもう・・・」  多くの人々によく知られ、愛されている賛美歌の一つ「いつくしみふかき」である。結婚式...

今日の心の糧イメージ
心のなごみ

多くの方々もきっとそうなのではないか、と勝手に思っているのだが、私も大げさな美談というものが苦手である。気高い行いをする人は確かにおられるし、尊敬の念も湧くが...

今日の心の糧イメージ
気づき

気づきとは何か、と問われると、答えるのが難しい。それは深い体験だからだ。日常的な気づき、例えば働いている同僚の顔色が悪いとか、電球の一つが切れて部屋が暗い、な...

今日の心の糧イメージ
まなざし

「まなざし」とは、人が何かを見る時に向ける視線のことである。だが単に視線とか目つきというには留まらない、深い意味があるようだ。実際、哲学や文学、特に批評の分野...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11