今日の心の糧イメージ
レジリエンス

私は普段、机に向かっている時間が長い。そんな仕事だから仕方がないが、孤独で過ごす時間があまり長くなると、私の場合、心が折れやすくなってくるようだ。  だが先日...

今日の心の糧イメージ

「時」とは一体何だろうか。それは流れる時間のことであり、その中の一瞬一瞬の時刻のことでもある。私たちは時計の表示を止めることは出来ても、時間そのものを止めるこ...

今日の心の糧イメージ
無欲無私

「無欲無私」は憧れの境地である。自分の利益を求めようとせず、何事にも執着や欲望を持たないなら、どれほど清々しく、穏やかな心でいられるだろう。  私には無欲にな...

今日の心の糧イメージ
めばえ

私が小学生の時、通っていた教会には「土曜学校」という子どものための要理クラスがあった。多くを学んだはずだけれど、記憶はほとんど私の中に溶けてしまって、取り出す...

今日の心の糧イメージ
サステナブル

知人が二人、ほぼ同じ時期に家を建てた。二人ともそれぞれ裕福で、自分たちの住む家は既にある。余分に持っている土地に家を建て、他人に貸して家賃を収入にしたのである...

今日の心の糧イメージ
共生社会

友人たちで、家族に料理を作る楽しさ大変さを話していた時のことである。或る年長の友人が「皆で同じものを一緒に食べるのが、家族というものよ」と言った。それは確かに...

今日の心の糧イメージ
沈黙

もう亡くなったが、舅は無口な人だった。舅は一人息子で、彼の母も殆ど口をきかない人だったそうだから、無駄な話をしない暮らしが身体に染み込んでいたのかもしれない。...

今日の心の糧イメージ
クリスマスに学ぶ

クリスマスを祝う習慣は、日本でも、もうすっかり定着したようだ。それでも、クリスマスが善き恵みであることは、まだよくは知られていない。  昨年のクリスマスイヴの...

今日の心の糧イメージ

「主の祈り」には、「わたしたちの日ごとの糧を、今日もお与えください」という一文がある。私も幼い頃から、主の祈りは唱えていたが、子どもというのは無邪気なもので、...

今日の心の糧イメージ
授かったもの

日曜日の公園で、幼い子どもたちがシャボン玉を吹いて遊んでいるのを見た。数えきれない数の虹色の玉が風に乗って飛んで行く。驚いたのは、一人のお父さんがリズミカルな...

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11