今日の心の糧イメージ
わたしのクリスマス

「私は主にお仕えするものです。お言葉通りにこの身に起こりますように」 受胎告知の場面で、マリア役の私は精一杯はっきりと上級生が演ずる天使ガブリエルに向かって答...

今日の心の糧イメージ
分岐点

順調に歩んできた道が行き止まりになって左右に分かれ続いています。どちらへ行けば目的地なのでしょう。今はスマホのマップで迷うことはなくなりましたが、分岐点で道に迷...

今日の心の糧イメージ
わたしの故郷

「ふるさと」という言葉の響きは独特の懐かしさと安らぎがあります。そのせいか多くの人は故郷と聞くと海や山の景観をもった田舎をイメージするようです。私が生まれも育ち...

今日の心の糧イメージ
自然とわたし

私が暮らす鎌倉という町は、首都圏ながら自然環境に恵まれている。南は海に開け北は寺院が多いので、背後にそれぞれ山を抱え、山々の尾根伝いにハイキングコースが張り巡ら...

今日の心の糧イメージ
わたしの好きなみ言葉

私は2年に1回、キリシタンの信仰をテーマに個展を開催し続けていますが、17、8年ほど前に「私を支えた聖書の言葉」と題した個展を開催したことがあります。油彩画で、...

今日の心の糧イメージ
目覚める

聖書には「目を覚ましていなさい。あなた方は、その日その時を知らないのだから」というフレーズが、マタイ、マルコ、ルカ、と3人もの福音書家により記されています。そし...

今日の心の糧イメージ
悔い改める

2018年はシドッティ神父生誕350年、屋久島上陸310年であり、2019年には、聖フランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教を伝えて470年を迎えます。日本とキ...

今日の心の糧イメージ

「天のお父さま、今日はこんなことがありました。いつも私を見守っていてくださって、有難うございます。」物心ついた、ほんの幼児の昔から現在に至るまで、私の就寝前の祈...

今日の心の糧イメージ
愛でる

春霞が切れて、5月の空は高く澄み渡るせいか夜空が明るく美しく、つい立ち止まって仰ぎ見てしまいます。昔から日本人は「月を愛でる」と言い、その感動から歴史上名作と言...

今日の心の糧イメージ
ゆるし・いやし

その昔、駅などに伝言板という黒板があった時代をご存知ですか?日時と名前を書く欄があって「10分お待たせします。ごめんなさい」とか「急な変更をお許しください」など...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10