今日の心の糧イメージ

「天のお父さま、今日はこんなことがありました。いつも私を見守っていてくださって、有難うございます。」物心ついた、ほんの幼児の昔から現在に至るまで、私の就寝前の祈...

今日の心の糧イメージ
愛でる

春霞が切れて、5月の空は高く澄み渡るせいか夜空が明るく美しく、つい立ち止まって仰ぎ見てしまいます。昔から日本人は「月を愛でる」と言い、その感動から歴史上名作と言...

今日の心の糧イメージ
ゆるし・いやし

その昔、駅などに伝言板という黒板があった時代をご存知ですか?日時と名前を書く欄があって「10分お待たせします。ごめんなさい」とか「急な変更をお許しください」など...

今日の心の糧イメージ
とりなし

2つのグループが、ちょっとした意見の違いでしょうか、先程から声を荒げて言い争っています。通りがかりの人が彼らの中に知り合いを見つけたのでしょうか、声をかけました...

今日の心の糧イメージ
ぬくもり

温もりとは文字通り温かいことです。ただ温度が暖かいという、季節や自然の中で体験する漢字をダンと読む暖かさではなく、人為的に温めてその温度が籠っている事を「ぬくも...

今日の心の糧イメージ
誕生の喜び

よろこびとは嬉しいと感じることですが、漢字を当てはめてみると様々な種類の「よろこび」があることに気付きます。「嬉しい」の女偏を取った、音読みがキとなる字が一般的...

今日の心の糧イメージ
繋がり

ある程度長く人生を過ごしてきますと、人の繋がりに驚かされ、つくづく「世間は狭い」と実感してしまいます。私は医者の家に育ちましたので、子供の時から患者さんの出入り...

今日の心の糧イメージ
評価する

私が主宰してきた美術教室は来年創立50周年を迎えます。大学の恩師は美学美術史の分野で我が国有数の学者でしたが、ある時「美意識について大人になった君たちに学問とし...

今日の心の糧イメージ
年を重ねる

樹木の切り株を見ると年輪が刻まれていることが解ります。風雪に耐えてその地に立ち尽くした樹齢を数えると、人間が年を重ねるのも同様に思え、感慨深いものがあります。こ...

今日の心の糧イメージ
時を待つ

だから目を覚ましていなさい。お前たちはその日、その時を知らないからである。」このマタイ福音書25章13節の「10人の乙女」のたとえ話は私にとって人生を支える大切...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8