今日の心の糧イメージ
共にある

人は独りでは生きられない。ですから、神さまは人を女と男に創造された、と旧約聖書の創世記の2章にあります。男女の関係だけでなく、同性同士でも、気が合う人が共にい...

今日の心の糧イメージ
たえず一歩前に

新年にあたり、「たえず一歩前に」というテーマを頂きました。  昔から「一年の計は元旦にあり」と言われています。自分に関する将来の計画というのは大切です。なぜな...

今日の心の糧イメージ
クリスマスのメッセージ

クリスマスが、全人類にとって歓喜の祭典であることはいうまでもないでしょう。宗教の有無、宗派の違いを超えて、人々は今日の日を喜びます。  しかし、そのメッセージ...

今日の心の糧イメージ
わたしが抱く平和

平和を願わない人はひとりもいないでしょう。しかしながら、現実の社会や世界は、争いや事件やテロなどが絶えません。  なぜでしょうか。  短絡的な言い方はできませ...

今日の心の糧イメージ
わたしの今の役割

わたしは、カトリックの神父で、イエズス会という修道会の会員でありますから、当然、わたしの役割は、清貧、貞潔、従順という誓願の下に、修道院という共同体の中で修道...

今日の心の糧イメージ
老いてなお・・・

人生には、代表的な4つの苦しみがあるといわれます。生まれる苦しみ、老いる苦しみ、病気になる苦しみ、死ぬ苦しみです。これらの苦は、何人といえども免れることができ...

今日の心の糧イメージ
年長者と共に

年長者と共に生きている家族がどれほどいるか分かりませんが、かつての核家族とは言わなくても、親と同居している家族は少ないでしょう。  わたしには親族が多いのです...

今日の心の糧イメージ
母のぬくもり

正直に言うと、わたしには「母のぬくもり」が分からない、というべきでしょう。なぜなら、わたしが3歳の時に、母は病気で亡くなったからです。かろうじて、幼児期の記憶...

今日の心の糧イメージ
父のぬくもり

わたしの父は、厳格さの中にも優しさを秘めた人でした。  わたしが10歳のとき、父は亡くなりましたが、10人兄弟の末っ子として育ったので、可愛がってくれました。...

今日の心の糧イメージ
ホッとするとき

日常生活で「ホッとするとき」といえば、大抵、仕事や用事が終わって、わが家に落ち着く時ではないでしょうか。わたしたち人間は社会的動物ですから、家庭や学校や職場や...

1  2  3  4  5  6  7  8