2016年12月29日の心の糧

マザー・テレサ(1)

ハヤット神父

今日の心の糧イメージ マザー・テレサが日本に来られた時、「心のともしび」のテレビ番組に出演してくださいました。その時、私は直接会って色々な質問をしましたが、マザーは丁寧にそれに答えてくださいました。

まず第一に「あなたは長い間いつも貧しい人々のために働きましたが、どういう動機でそれをなさったのでしょうか」と聞きますと、次のように答えられました。

「イエスさまが『苦しみ悩んでいる人のためにすることは、私のためにすることである』とおっしゃったからです。私たちが神様の審判を受ける時、私たちが貧しい人達のためにどれだけ尽くしたかで裁かれます。私たちはみな神様を愛したいんですが、どうすれば神様を愛することが出来るのか迷うことがあります。天地万物の創造主である神様は、普段は遠い存在に感じられます。しかし、私たちが神様を身近に愛することが出来るように、イエスさまは貧しい人、病んでいる人たちの中においでになります。ですから、このような弱い人々を愛する時、イエスさま、つまり、神様に対する愛を具体的に表すことが出来ます」と。

次に「あなたはどうして神様を愛しているのですか」と聞きますと、マザーは「神様は私のお父様だからです」と答えられました。私は「どうしてそれが分かりますか」と聞きますと、マザーは「イエスさまがそのことを教えてくださったからです。イエスさまは詳しくこのことを教えられて、母親が自分の子供を忘れることがあっても、私はあなたを絶対忘れないと、おっしゃいました」と説明なさいました。

次回この続きをお送り致します。

2016年12月28日の心の糧

クリスマスに学ぶ

橋本 勲 神父

今日の心の糧イメージ この世界の宗教論争の中で、神様はいないという意見と、いや、ちゃんとおられるという意見があります。

私は、この世に神様がおられるか否かということは、大した問題ではないと思っています。それより、人々が何を神として拝んでいるか、何の前にひれ伏しているか、ということが問題だと思っています。

「私は、神様など認めないし、宗教など全く関心がない」という方々が時々現れます。私はその人にすぐに答えることにしています。

「それは立派な宗教です」と。

すなわち、少なくとも自分の主張である「神を認めない」ということを信じ、実際に手を合わせることはないかもしれませんが、これを拝んでいることになるからです。立派な「神を認めない」教の教祖、または信徒ということになります。

 

これは決してことば遊びなどではありません。

キリスト教を信じているという人にしても、イエス・キリストの全部を捉えているとはとても言えないからです。

限界を持つ人間である自分が捉えたキリスト像であり、それを拝んでいるに過ぎないからです。だからといって、それは迷信だというのではありません。完璧ではないことを謙虚に認め、絶えず自分のキリスト像を新たにすべく精進する必要があるし、そのことを実践する者のことを、信者というのだと思います。

少々理屈っぽい話になりましたが、クリスマスは、こんなこの世の宗教論争にスパッと答えを与えてくれます。

それは赤ちゃんの微笑みです。何人といえども、この赤ちゃんの微笑みの前にひれ伏さない者はいないでしょう。

万人が認めるそのものこそ、最高の価値であり、そこに神様がおられる。これは、もっともらしい人間の理屈を砕いてあまりある、強烈なクリスマスのメッセージだと思っています。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11