今日の心の糧イメージ
友好

第二次世界大戦中、アウシュビッツで若い父親の身代わりになったコルベ神父という聖人がおられます。神父様は、人間はちょっとしたことで人に嫌な感情を抱き、それを相手に...

今日の心の糧イメージ
おおらかに

最近は「おおらかな人」をあまり見かけなくなりました。私たちは、いろいろなことをコンピューターで管理する社会にいますので、人間が機械に合わせる状況が生まれています...

今日の心の糧イメージ
おおらかに

さまざまな立場の人の気持ちや状況を想像して受け入れることのできる人は「おおらかだ」と言われます。寛大な人です。寛大な人は、「君にとってその方が仕事がしやすいなら...

今日の心の糧イメージ
老いるにも意味が・・・

年齢的に老いることは、否定的なことばかりではありません。私が敬愛してやまないある女優さんは80歳ですが、子どものような初々しい心をもっています。彼女のレギュラー...

今日の心の糧イメージ
2人3脚

私は、ある期間、「できる」と思って引き受けた仕事が全然うまくできず、途方にくれたことがありました。いくらコツを教えていただいてもポイントがつかめないのです。それ...

今日の心の糧イメージ
2人3脚

神さまは、私たちを一人ぼっちにしてはおかれません。ある時期、私はいくつもの試練が重なり、もう背負いきれないと感じていました。たまたまごく親しい友人とも疎遠になっ...

今日の心の糧イメージ
人生の教訓

4年ほど前、夫の母がカトリックの洗礼を受けた。私たち夫婦はカトリック信者だが、母に積極的にキリスト教について話したことはない。母は熱心な仏教徒だったからだ。情熱...

今日の心の糧イメージ
心を開く

私たちは、人が心を開いて接してくれると嬉しいものです。心を開くのは、両腕を広げるのと同じですから、相手を受け入れることを意味します。優しく接してくれるのか、ひど...

今日の心の糧イメージ
新しいいのち

私の信じる神は、全世界の造り主であるにもかかわらず、人となられ、限界や苦難を味わわれた方です。命の造り主、命そのものである方だというのに、死を味わわれ、喜びその...

今日の心の糧イメージ
新しいいのち

カトリック教会では、洗礼を受けると、それまでに犯した罪がすべて神に許され、新たな命を受けると信じます。自己中心で、人を傷つけても気に留めない「古い自分」は死に、...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9