今日の心の糧イメージ
2人3脚

私は、ある期間、「できる」と思って引き受けた仕事が全然うまくできず、途方にくれたことがありました。いくらコツを教えていただいてもポイントがつかめないのです。それ...

今日の心の糧イメージ
2人3脚

神さまは、私たちを一人ぼっちにしてはおかれません。ある時期、私はいくつもの試練が重なり、もう背負いきれないと感じていました。たまたまごく親しい友人とも疎遠になっ...

今日の心の糧イメージ
人生の教訓

4年ほど前、夫の母がカトリックの洗礼を受けた。私たち夫婦はカトリック信者だが、母に積極的にキリスト教について話したことはない。母は熱心な仏教徒だったからだ。情熱...

今日の心の糧イメージ
心を開く

私たちは、人が心を開いて接してくれると嬉しいものです。心を開くのは、両腕を広げるのと同じですから、相手を受け入れることを意味します。優しく接してくれるのか、ひど...

今日の心の糧イメージ
新しいいのち

私の信じる神は、全世界の造り主であるにもかかわらず、人となられ、限界や苦難を味わわれた方です。命の造り主、命そのものである方だというのに、死を味わわれ、喜びその...

今日の心の糧イメージ
新しいいのち

カトリック教会では、洗礼を受けると、それまでに犯した罪がすべて神に許され、新たな命を受けると信じます。自己中心で、人を傷つけても気に留めない「古い自分」は死に、...

今日の心の糧イメージ
いつくしみの特別聖年

戦後、東京の言問橋のそばに「アリの街」と呼ばれる一帯がありました。廃品回収を仕事とする人々が、助け合いながら共に暮らしていたのです。北原怜子さんは洗礼を受けた1...

今日の心の糧イメージ
勇気を持って歩む

「あなたの持っている最良のものを与えなさい。踏みつけられ、蹴飛ばされるでしょう。それでも与え続けなさい」というマザー・テレサの言葉があります。この切ない愛は、ま...

今日の心の糧イメージ
勇気を持って歩む

私は苦手なことの多い人間で、結婚してから、おにぎりを握ったこともないことに気付いて、大いにあわてた。うどんもそばも茹でたことがなかった。さらに夫は大の猫好きだが...

今日の心の糧イメージ
なつかしい

初めての教会でも、聖堂に入るといつもなつかしさを感じます。確かに神がおられる、という存在感が香りのように届くのです。なつかしいという思いは、以前出会ったことがあ...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8