青春

阿南 孝也

今日の心の糧イメージ

 大学に入学して京都に来た私は、「京都カトリック学生連盟」、通称「学連」に入りました。学連という名称は、かつて各大学にカトリック研究会があり、その連合体だったためです。私の時代にはすでに大学ごとの組織はなくなり、カトリック会館内に学連のボックスがあって、いろいろな大学の学生が集まって活動していました。

 哲学科の先輩の手ほどきを受けて、実存主義者として知られるハイデッガーの読書会や聖書学の勉強会などが行われていました。今思えばずいぶん背伸びをしていたものです。工学部に籍を置く私にとって、すべてが未知の世界でした。

 幼児洗礼を授かった私は、聖書や神学をほとんど何も知らずに大学生になりました。その負い目もあって、いただいた信仰を大人のものにしたいと意気込んでいました。毎週、夜に行われたボックスや喫茶店での勉強会は、新鮮で充実したものでした。

 年に何回か合宿も行いました。1年生の私にもレポートが課せられ、アウグスティヌスの恩恵論について研究して報告するという、無謀に思える機会が与えられました。必死に勉強して、何とか発表のまねごとをしたことを覚えています。夏期休暇には、日本海に面した教会や信州の幼稚園をお借りして合宿を行いました。勉強会が終わると、みんなで食事を作り、海水浴やハイキングを楽しみました。女子大の学園祭に、学連フォーク喫茶の出店が許可されました。1970年代はフォークソングの全盛期でした。来客者のリクエストに応えてギターの生演奏のもと、みんなで歌ったフォーク喫茶は懐かしい思い出です。

 学連での経験は、教師になりたいと決意するきっかけとなりました。ともに学び、ともに遊び、ともに祈った学連での日々は、私の大切な宝物です。

平和を考える

末盛 千枝子

今日の心の糧イメージ

 ヨハネパウロ二世が「戦争は人間の仕業です」と強い口調で言われたのは日本に来られたときだったと思います。私は、今度の東日本大震災の時に、度々そのことばを思い出しました。戦争などしなくても、これほど大変なことが起こるのだ、と心底思ったからです。そして、ある日、被災した老婦人がテレビで「戦争とこの災害とどっちが大変ですか」と聞かれて、吐き捨てるように「戦争に決まっているでしょ」と言った姿が忘れられません。ものすごい惨状を目の前にして、インタビューする人は、この女性が災害の方が怖いと言うのではないかと思ったのでしょう。でも違いました。

 そして、もう何年も前のことですが、日本文学の研究者として有名なアメリカ人の老紳士と、ある修道院の食堂で同席したことがあります。今となっては、どういうことからそのような話になったのか憶えていませんが、その方はアメリカ兵として沖縄戦を経験した人でした。涙を浮かべて沖縄戦の悲劇を語られました。この方は、この年になっても、沖縄の人たちの悲劇をこのように生々しく忘れないのだと呆然とするような思いで聞いていました。確か、その修道院に沖縄で一緒に戦ったアメリカ人で、戦後修道士になった方がいたのです。

 平和を考えるということは、人を愛するということと同じに、想像力がなければ出来ないことだと思います。子どものときに、人の悲しみや苦しみを思いやる心が育たなければ、いつまでたっても戦争はなくならないのではないかと思います。そして、あの被災地の女性のように、自分たちが一番大変なんだと思わない、世界中に大変な人たちが他にもたくさんいるのだと、常に思うことが、とても大切なことのような気がします。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11