ホッとするとき

堀 妙子

今日の心の糧イメージ

 先日、ドイツの総統ヒトラーが唯一恐れていたフォン・ガーレン司教の伝記を読んだ。

 ヒトラーの命令により、ナチはお年寄りや障がいをもった人を連れ去り、「安楽死」作戦を実行していた。

 そのことを公然とカトリック教会の説教で何度も非難したのが、フォン・ガーレン司教である。この司教の横顔の写真を見て、愛のために信念を曲げない父という印象をもった。が、ある時、その司教の正面の顔を見た。このような顔はめったにない凄まじい顔だった。まさに、別名「ミュンスターのライオン」と呼ばれるのは当然だと納得した。いくぶんライオンのほうが穏やかな顔だとさえ思った。この司教の説教は教会から教会へと伝わり、ポーランドまでも届いた。

 この説教を手に入れたのは、のちに教皇となるカルロ・ボイティワ神学生だった。この説教を印刷し、彼は反ナチの地下活動を行った。

 カルロが司祭の道を歩むきっかけとなったのは父の死だった。父の遺体の前で祈り、司祭になる決心をした。天涯孤独となったカルロは、フォン・ガーレン司教に父の姿を重ねたのかも知れない。若いカルロ神学生は、先の見えない反ナチ運動の中にあって、ガーレン司教が不屈の魂を持って弱い人を守る、その背中に父を見て、幼な子のようにホッとするときがあったのではないだろうか。

 ヒトラーの側近はフォン・ガーレン司教の殺害を進言したが、ヒトラーはそれを実行することはなかった。

 カルロ神学生は司祭になり、教皇ヨハネ・パウロ二世となったとき、ガーレン司教の墓所を訪ねている。フォン・ガーレン司教から受け継いだ不屈の魂は、ヨハネ・パウロ二世に、人類の父となる決心を促したのではないだろうか。

ホッとするとき

崔 友本枝

今日の心の糧イメージ

 不安や緊張で、夜なかなか眠りにつけない、と人から相談されると、私はいつも「ロザリオの祈り」を勧めます。私自身も寝付けないときにロザリオを手首に巻いて祈るとホッと安心して、いつの間にか眠っているからです。

 ロザリオとは「バラの冠」という意味があり、ロザリオの祈りはきれいなネックレスのように並んでいる珠を指でつまぐって唱えるものです。ぐるりと一回りすると「アヴェマリアの祈り」を53回唱えることになります。

 「アヴェマリアの祈り」の前半は、天使が乙女マリアを訪れて、男の子を身籠もると伝える内容で、有名なフラ・アンジェリコが描いた「受胎告知」の場面です。男の子とは、約束された人類の救い主イエス・キリストのことです。後半は、神の母となった聖母に「私たちのために今も死を迎えるときもお祈りください」と願う言葉が続きます。

 私にとって、ロザリオの祈りは、「信仰の核」を繰り返し宣言する力強いものなので、落ち着かない気持ちで祈り始めても、くり返し祈り続けるうちにその思いはやがて静まり、神さまの愛と平和に抱かれる、そんな感じがします。

 きっと祈る人の心の重荷が徐々に取り除かれていくからだと思います。ヨハネ福音書に書かれているように、聖母はイエス・キリストの母であるばかりでなく、私たちすべての人間の母に成られたからなのです。

 私たちは困ったとき、辛い時、遠慮なく聖母に助けを求め、必要なものをお願いしていいのです。そうすれば、私たちのお母さんが本当に助けてくださることを体験するでしょう。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11