子どもの祈り

片柳 弘史 神父

今日の心の糧イメージ

 「心を入れ替えて子どものようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」(マタイ18・3)とイエス・キリストが聖書の中で語っているが、幼稚園で働いていると、確かに幼い子どもたちは天国に近いところにいると思うことがよくある。

 たとえば、幼い子どもたちは、互いに競い合うことがない。むしろ、他の子が頑張って何かできるようになると、まるで自分のことのように喜んで、「〇〇ちゃん、あれができるんだよ。すごいんだよ」と報告しに来る。

 おそらく、幼い子どもたちは、自分が親や先生たちから愛されていることに、何の疑問も抱いていないのだろう。「自分は愛されている。愛されるために、他の子と競い合う必要などまったくない」と確信しているからこそ、何のこだわりもなく、他の子のよい所を喜べるのだ。そのような子どもたちは、他の子が泣いているときには、「どうしたの」と優しく声をかけられる子どもたちでもある。心を満たした愛が、苦しんでいる友だちに向かって自然に流れ出してゆくようだ。

 残念ながら、そのような子どもたちでも、年中、年長と成長してゆく中で、友だちと競争し始めることがある。兄弟姉妹が生まれたり、他の子と比較されたりする中で、しだいに自分が愛されていることに確信が持てなくなり、愛されるためには人と競わなければならないと思い始めるようだ。

 イエスが言う「子どものようになる」とは、幼い子どものように、自分が神様から愛されていると何の疑いもなく信じることだろう。他の子には他の子のよさがあり、自分には自分のよさがある。みんな神様から愛されたかけがえのない存在なのだから、競い合う必要などまったくないと確信できる心を、幼い子どもたちに学びたい。

子どもの祈り

橋本 勲 神父

今日の心の糧イメージ

 私たち大人の子供を見る目はどうしても、どちらかと言うと、"劣っている"という見方に傾きがちです。

 その原因の主なものは、まだ知恵がついていないということのようです。それに引き換え、大人はいろいろなことを学び、知恵が豊かなので優れているということになります。

 それは、知恵比べということで言えば、正しい判断ということになります。体力では人間を凌ぐものもいる動物が一段劣るものに位置づけられるのも、同じ理由によるもののようです。

 しかし、神さまの見方は少々違っているように思われてなりません。それは「子供のようにならなければ天の国に入ることはできない」(マタイ18・3)と言われていることでも分かります。

 それと言うのも、神さまは確かに人間に知恵を与えて、その知恵を使っていのちを運転するように配慮してくださったのだと思います。

 しかし子供はまだ知恵が十分に発達していないので、いのちの運転を全部任せたのではなく、神さまが直接運転しながら、徐々に運転技術の向上に応じて少しずつ譲って行こうと思われたのです。

 神さまの模範運転が見られるというのですから、子供のいのちのあり様が神の国をゲットするのにこれほど有効なものはないということになりましょう。

 そう考えると、わが教会の境内にある保育園の子供たちが見せてくれるお祈りが、どれほどすごいものであるかがいまさらのように迫ってきます。

 「マリア様お早うございます」。「マリア様さようなら」。

 確かに、園長先生や保育士の方々が懇切に教えてくれたので、形だけ祈っているという見方もありましょう。すぐ忘れてしまうと。

 いや、これは神さま仕込みの比類なき高等な祈りに違いありません。


前の2件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11