今日の心の糧イメージ
いつくしみの特別聖年

教皇フランシスコが選ばれたとき、というよりもあの方がご自分の名前として、フランシスコを選ばれたとき、本当に驚き、私は喜びで一杯になりました。アシジの聖フランシス...

今日の心の糧イメージ
崇める

あがめる、という言葉について、よくよく考えてみました。めったに使わない言葉ですが、最上級の尊敬がこもっていることだけは確かです。でも、どのようにでしょうか。私の...

今日の心の糧イメージ
なつかしい

もうずいぶん前ですが、思いがけない時に、本当になつかしい思いをしたことがあります。初めて外国旅行をして、最後に聖地に行きました。その頃、パレスティナと言えば、エ...

今日の心の糧イメージ
共にいる神

共にいる神、ということを考える時、私はクリスマスについての聖書の記述を思います。なぜなら、ここにとても好きな言葉が出てくるからです。マリアが身ごもったことを知っ...

今日の心の糧イメージ
クリスマスとは

私が小学校3年の時のクリスマスの夜に、私の家族はみんなで洗礼を受けました。その前の年に、小さな弟が急性肺炎で亡くなって、父と母が、その小さな子のお葬式を教会でし...

今日の心の糧イメージ
ストレス解消法

ストレスとは、まことに厄介なものだと思うけれど、人はストレスが何もなければ、何もしないとも聞いたことがあります。私の場合、考えてみたら、ストレスと思う時には、た...

今日の心の糧イメージ
岐路に立つ時

人が「岐路に立つ、」というほどの言葉で表現するのは、よほどの困難の時でしょう。でも、人生には、確かにそのような時が度々あるのだと思います。さんざん迷って、悩んだ...

今日の心の糧イメージ
天の国の鑑

天の国の鑑、ということを考えた時に思い浮かぶのは昔友人からもらった美しい絵はがきです。それは、美しいけれど年老いたマリア様が、すこし悲しそうな表情をして、冠をい...

今日の心の糧イメージ
マリア様の役割

アガサ・クリスティーが「ベツレヘムの星」という短編集のなかで「島」という話を書いています。十字架上のキリストに言われた通り、ヨハネの面倒を見て老いていくマリア様...

今日の心の糧イメージ
無限の可能性

無限の可能性ということは、ふだん世の中で使われると、若者には無限の可能性がある、というような使い方だと思います。私はそういうことはあまり考えたことがないのですが...

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8