よろこび

遠藤 政樹

今日の心の糧イメージ

 私は今年70歳を迎えます。音楽と共に毎日元気で過ごせているのは、幼い時から、慈しみの光に包まれた多くの真心に出会ってきたからだと思います。その真心は私の「よろこび」となり、順境の時も逆境の時も毎日の心の支えになっています。

 私が、アシジの聖フランシスコを洗礼名にいただいて信者になったのは、23歳の時ですが、幼い時から、教会と祈りの音楽が常に身近にあったので、自然に導かれました。

 昨年の11月に教皇フランシスコが来日され、広島で祈りを捧げられたことがまだ記憶に新しいそんな時、私は、その広島にある三篠教会を初めて訪れてミサに与りました。ミサのなかで聖歌を歌っている時、普段とは違う何とも言えない心地よさを感じました。祈りと聖歌がひとつになった瞬間でした。

 その時の伴奏に使われていたオルガンは、1981年に教皇ヨハネ・パウロ二世が広島を訪れられたのを記念して購入された、足踏み式のリードオルガンでした。教会のオルガンといえば、パイプオルガンか電気オルガンが主流ですが、そのリードオルガンは、聖歌を歌う人々をあたたかく包み込む、素晴らしい音色でした。

 そしてその音色は、私が17歳の時に初めて訪れた、広島の世界平和記念聖堂の、ステンドグラスから差し込む光の中で聞いた、あのパイプオルガンの音色と同じ音色だったのです。やがて、あの時の感動とよろこびが私の心を満たし、ひと時の幸せを感じたことでした。

 平和を願い続ける広島という場所で、祈りの音楽の勉強を始めた頃の初心を忘れずに、「与えられるよろこび」から「与えるよろこび」の人生を送りたいと思います。

よろこび

服部 剛

今日の心の糧イメージ

 それはダウン症をもつ息子が通う特別支援学校の授業参観でのことでした。その日は妻に予定があり、私が代わりに学校へ行きました。

 息子はダウン症児の中でも特に発育がゆっくりで、重複障がいクラスにいます。先生が個別に付き添って指導してくれています。

 ――とんとん

 私が教室のドアをノックして入ると、息子は私に気づくやいなや、先生の腕をふりほどき、ニッコリ笑みを浮かべて私の方へトコトコと歩いてきます。8歳になっても言葉を話せない息子ですが、健常のお子さんと同じように<パパが僕を見に来てくれた!>と言わんばかりに、その顔には歓びがあふれていました。

 日頃からママに甘える息子を見ていると<ママが一番でいい>と思います。

 ただ、この日の場面で<パパのことも認識しているのだな...>と知ったとき、私はこれまではっきりと分からなかった〝幸せ〟というものが、息子を通して視える感覚になりました。

 その後、広場に出て、他のクラスの子供たちと一緒に音楽に合わせて体操をする時間になりました。みんなと同じように手足をうまく動かせない息子にぴったり寄り添う先生の姿から、<指一本でも合わせられるように>という願いが伝わってきて、見学している私の目には涙が滲みました。息子に温かいまなざしを注ぐ先生に、目には見えない〝愛〟が視えるようでした。

 学校や放課後等デイサービスに通う日々の積み重ねにより、息子にも小さな変化がありました。我が家のささやかな祭壇に置いているものの中から、なぜかいつも「幼いイエス様を抱くマリア様の母子像の写真」を手に取り、床に置きます。お気に入りを選べるようになった息子の成長を、これからも私と妻で見守りたいです。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11