▲をクリックすると音声で聞こえます。

最高のお恵みを頂いて

マクドナル神父

今日の心の糧イメージ

 92歳になった私の10日間のアイルランドへの訪問はそこに住む親戚たちを驚嘆させましたが、20年ぶり、3回目の訪問は、素晴らしい巡礼の旅となりました。

 聖パトリックの教会、「ケルズの書」、ケルトの十字架などアイルランドの歴史に触れ、クリスタル工場では天使の大群が光を放って現れたごとく、美しく輝くクリスタルのイエス誕生の場面を、そして、壮大なモハーの断崖に感激し、ノックシュラインでは魂の故郷、先祖たちに思いを馳せて・・・。

 1879年、小さなノックの村に住む十五人に、聖母マリアや、神の小羊となってイエスが出現し、以来、そこは聖母マリアの丘として巡礼地となりました。聖母出現の時、13歳だった私の祖父を思い、その地で親戚たちと共にごミサを捧げることは感動的なことでした。

 その後、約800年前に建てられたバレンツーバー教会を訪問。その教会はどんな迫害にも耐えたアイルランドを象徴するかのように、その間約200年、屋根が破壊されましたが、延々とごミサや洗礼式などが行われ、訪れた日も結婚式が行われていたのです。

 その夜、マクドナル家の親戚たち約20人との会食、それは感慨深く懐かしく、本当に楽しいひとときでした。

 ノックでの滞在を終え別れを惜しみながらダブリン行きの列車に乗った私たちに、「ハロー」という声が聞こえ、振り向くとなんと、もう一度会いたいと、いとこが息子と一緒に乗車してきたのです。到着したダブリンでランチを食べ、話して・・。

 彼等の暖かい思いやりで心満たされ、翌日私は永遠の幸せを胸いっぱいに、パーフェクトな巡礼の旅を終えて日本へ。本当に今年は忘れられない年となりました。

 来たる年も神様のお恵みが皆様の上に豊かに注がれますように。