天の国の鑑

堀 妙子

今日の心の糧イメージ

 私の祖母は12歳の時に母親が亡くなり、4人の兄弟が残された。

 父親は12歳の祖母を親類に預けた。それから20歳になるまで、親類を転々とした祖母は、人の心の様々な面を味わって成長した。本心は女学校に入りたかったが、それは叶わぬ夢だった。何とか身を立てようと考えた祖母は、少しずつ小遣いを貯め、18歳になった時、和裁の塾に入った。親戚に気兼ねをしつつ、家事の合間に塾に行き、花嫁衣装を縫う技術まで習得した。

 歳月が流れ、祖母には2人の孫ができた。それが弟と私だ。幼い孫に着物地と菓子折りの箱で小さな家を2つ作ってくれた。私の家は濃いピンクの屋根に淡いブルーの外壁でドアはミント色、ノブは真珠のボタンだった。軒下には銀のボタンで蜂の巣までつけてくれた。それは「おめざまし」という家だった。朝、弟と私が起きると枕元にその「おめざまし」が置いてあり、ドアを開けると丸くて甘いお菓子が置いてあった。祖母が家に帰ると母が引き継いだ。

 祖母によると、「子供でも一日は辛く悲しいこともあるから、朝、小さな甘いものを一口食べれば、元気に過ごせる」と、このような家を作ってくれたのだった。

 小学校に入ると、「おめざまし」の習慣はなくなった。それから歳月を経て私がキリスト教の信仰をもち、クリスマス・イブに丸いパンの形をしたご聖体をいただいた時、毎朝枕元に置いてあったお菓子を思い出した。「子供でも生きていくのは辛いから」とお菓子を置いてくれた祖母の慈しみを思った。人生は楽しいことばかりではない。このご聖体は、空の手で、しかも裸足で涙の谷を歩むための旅路の糧なのだと思った。

 「天の国の鑑」をこの世で探すと、イエス様が最後の晩餐で記念として遺して下さったパンのみが思い起こされる。

天の国の鑑

崔 友本枝

今日の心の糧イメージ

 ときどき、天の国を思わせるような出来事を耳にすることがあります。

 これは 10数年前に友人から聞いた話です。その頃友人は、一人暮らしの高齢者のために教会で準備した「食事会」を手伝っていました。その日、食事に来た人の中に、靴下をはいていない男性がいました。まだ寒い時期でしたので、それほど貧しい暮らしをなさっているのかと心配になり、話しかけると、こう言ったそうです。

 「僕はもう靴下をはかないと決めたんだ。1年間、靴下を買わないと5000円になる。それをユニセフに寄付したら、子どもたちが栄養のある食事をとって、僕のように結核にならずにすむんだよ」と。友人は感動しました。男性はかなりお年を召しており、冬には靴下が絶対に必要な方でした。しかし、もう何年も彼は靴下を買わずに見知らぬ国の子どもたちに食事代を寄付していたのです。

 このような思いは、人の自然な感情というよりも、私は天の国に住む聖なる方、神さまのお考えに近いと思います。

 聖書には、2000年前に「人」として地上に来られたイエス・キリストのことがこう書かれています。「主は豊かであったのに、私たちのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、私たちが豊かになるためだったのです」と。(2コリント8・9)

 全知全能の神が、限界だらけの人間になられ、馬小屋でお生まれになった。しかもそれは私たちの罪を背負って、人間の代わりに償うためでした。罪のない方が、罪びとのために十字架にかかって命を捧げてくださったのです。それは私たちが幸せになるためです。

 寒さを我慢して食事代を子供に寄付していた男性は、この天上的な愛を私に見せてくださいました。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11