2018年08月09日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

わたしの好きなみ言葉

シスター山本 久美子

今日の心の糧イメージ これまでの人生の歩みにおいて、私は、聖書のみ言葉によって導かれ、霊感を受け、背中を押され、心のあり方が変えられてきました。

特に、印象に残っているみ言葉の一つは、ヨハネ福音書の10章14節~15節の「知る」という言葉です。

ある年の黙想会、この聖書の箇所を味わうように導かれ、主イエスと私との目に見えない深い関わり、つながりを心から感じました。何が起こったのかは説明できませんが、突然、この言葉の意味が示されたように感じ、心揺さぶられ、心から感動しました。そして、ここで言う「知る」という言葉が単なる知識としてではなく、お互いを知り尽くして、「ひとつである」という意味合いが含まれているのを実感しました。

ここで、主イエスは、ご自分が「羊飼い」で、私をご自分の「羊」という関係で表現されます。「私は自分の羊を知っており、羊も私を知っている。それは、父が私を知っておられ、私が父を知っているのと同じである」と続け、父なる神と「ひとつ」であるイエスは、私との関係においても、何の隔たりもなく、「ひとつ」であると言われるのです。

「ひとつ」ということは、「常に共に在る」ということです。主イエスは、「良い羊飼いは羊のために命を捨てる」(11節)とも言われ、その言葉通り、御自分の命を与え尽して、十字架上で死に、復活されました。復活された主は、私たち一人ひとりに新しい命の息を吹きかけ、それぞれの人生の只中に共におられ、絶えず新しい命に生きるよう介入される方なのです。

こうした体験を積み重ねた私は、「聖書のみ言葉は、生きている神のいのちの言葉」だと実感せざるを得ません。