2018年08月08日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

わたしの好きなみ言葉

小川 靖忠 神父

今日の心の糧イメージ 自分が気に入っている「ことば」は誰にでもあるような気がします。そしてその言葉は、自分の生き方に何がしかの影響があるものではないでしょうか。

わたしが神学生のころ、2人部屋で過ごしていたときがあります。お互いに何かと気を使いながらの日々でした。その中でわたしが、少なくとも自分のために工夫してみたことがあります。

毎日の聖書朗読を通して気に入っていた「みことば」を、何枚かの用紙に書き込んでみました。1つだけではなく、いくつかです。それは、毎日、意識しなくても行っている動作の中に、何気なく取り込んでいこうとするためでした。つまり、机の引き出しに入れておくためだったのです。引き出しを引いて開けるたびに、紙に書いたみことばが目に飛び込んでくるように、引き出しの1番上にその紙を置いたのです。

それは「あなた方は、人からしてほしいことを、人にもしなさい。」というみことばでした。(ルカ6・31)引き出しを開けるたびに目に入ります。実践に移しやすくなるのです。少なくとも、意識して行動しようと心がけることができます。

自分はこんなことはしてほしくないので、多分相手も同じかなと配慮するゆとりが生まれます。それだけでも、自分の行動に変化が出ます。こうした状況が続きますと、意識しなくとも配慮することができるようになっていったのです。いろいろな面でいい結果が自然に出るようになりました。

自分の好きなみ言葉が、単に飾りとしてではなく、また、標語として終わることもなく、自分の身近なところに、共にあることが充実感を感じさせました。年齢を重ねた今、あの原点に戻って、新たな歩みを刻んでいければいいなと、さらなる前を目指します。