2018年07月06日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

目覚める

三宮 麻由子

今日の心の糧イメージ 「目覚める」という言葉を聞くと、私の頭のなかではいつも、ヨハン・セバスチャン・バッハのオルガン曲「目覚めよと呼ぶ声あり」が鳴り出します。カンタータ第140番として知られるこの曲を初めて聞いたのは、中学1年生のころでした。

素朴なテーマの旋律をベースの音が支え、途中からやや固めの音色で第3の音が入ります。この旋律は賛美歌の一つで、イエスが語る「10人の乙女のたとえ」(マタイ25・1~13)の話がテーマです。当時はそうした背景を知らずにいきなり聞いたのですが、鮮やかでまっすぐな旋律に圧倒され、丸々一週間、この曲が頭の中でなり続けていました。

後日、曲とイエスのたとえ話が結びついたとき、今度はこの曲がイエスの声となって響いてきました。

「とにかく、目覚めておいで。アンテナの受信モードをオフにしてはいけないよ」

現代語に訳すと、そんなふうに聞こえました。ちょうど、技術の授業でラジオの仕組みを勉強していたころだったからでしょう。

まだ何に目覚めよという意味かは分からず、何を受信すればいいのかも思いつきませんでした。でも、1週間心で鳴り続けた旋律とそこから響いてきたイエスの呼びかけは、胸の奥に点る明かりとして私の歩みを照らすようになりました。

人生には、すべてを投げ出して受信拒否、というときもあります。それでも、神様が発信する電波は、私たちに届けられ続けているのだと思います。休んでもいい、止まってもいい。ただ、必要なシグナルがきたら受信できるように準備していることが大事。そのシグナルはきっと、未来に向かう行動のヒントになるから・・・。

このカンタータは、いまも私の「パワーミュージック」として、折に触れて心の底から静かに語りかけてくれるのです。