2018年03月01日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

ゆるし・いやし

熊本 洋

今日の心の糧イメージ 「慈しみ深い神は、だれでも求める者に、今すぐにゆるしを与えようと待っておられ」(参:詩編86・5)

「もしあなたがたが人のあやまちをゆるすならば、あなたがたの天の父もあなたがたをゆるしてくださるであろう」(マタイ6・14)

これは、旧約聖書と新約聖書からのそれぞれ一節ですが、このような言葉に、現代人がどれだけ真摯に耳を傾けていただけるでしょうか。

目を、天空の世界から、この目まぐるしい現世に向けると、確かに、多くの善意の人々が、正義と平和を願望し、平和実現に、涙ぐましい努力を重ね続けています。しかし、ユートピアはほど遠く、この世の不正、混乱、紛争は絶えるどころか、日々の報道でみられるように、ますます激化、増大。いながらにして何万キロも離れた敵を1発で絶滅させるという恐ろしいミサイルも誇らしげに開発され続けています。この厳しい現実に、目を背けることはできません。多くのか弱い平和を愛する小さな人々は、平安どころか、増大する恐怖に怯え震えていると言っても、言いすぎではありません。まさに、ほっとけない異常事態、重大事態!この際、人々は、どのようにすればよいのでしょうか。

結局は、善意の国民、善意の市民一人ひとりが、人間が本来持っている、心の奥底にある、ゆるし合い、癒し合いの精神を蘇らせ、人類皆兄弟の立場から、心から一致団結、連帯し、人類共存共栄のため、共に祈り、努力を重ねること、これに尽きると思います。

「神よ、あなたのいつくしみによって、わたしをあわれみ、あなたの豊かなあわれみによって、わたしのもろもろのとがをぬぐい去ってください」(詩編51・3)