2018年02月07日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

とりなし

古川 利雅 神父

今日の心の糧イメージ 何をするにもお母さんと一緒、お父さんと一緒、そんな子どもの頃が懐かしいですね。いつもお父さんやお母さんに、自分の望みや願い、思っていることなどを打ち明けて...。そしてお母さんお父さんは、一緒に出掛けて下さり、誰かにお願いして下さり、手伝って下さり、私たちの大切な助け手、とりなし手となって下さったのではないでしょうか。

大きくなった今、この様な存在は身近にいらっしゃいますか? おられるだけでなく、私たち自身が、誰かの大切な助け手、とりなし手になっているかも知れません。そうだとすればとても嬉しいことですね。

祈りの1つに「アヴェ・マリアの祈り」があります。幼稚園の子たちも唱える祈りで、祈りの最後に「神の母聖マリア」と呼び掛けて、私たちのために「今も、死を迎える時もお祈りください。」と祈ります。

私たちの願いや必要の全てをご存知のマリア様に、「祈って下さい・・・」と子どもの様な心で、信頼を持って祈ります。私たちのお母さん、お父さんが私たちにとって、大切な助け手、とりなし手であった様に、いやそれ以上にマリア様は、私たちのことを天から見守って、神様にとりなして下さいます。

アヴェ・マリアの祈り、その祈りの言葉をご存じない方でも、マリア様に心を向けて、取次ぎに信頼して、「神様に私の願いをとりなして下さい」と祈られてはいかがでしょうか。目には見えないけれど、私たちのことを受け止め、とりなして下さることでしょう。

マリア様にとりなしを願いながらも、私たち一人ひとりも、誰かのために、助けを必要としている方のために、とりなしてゆくことができますように。お互いに助け合いながら、とりなしあいながら歩んでゆくことができますように。