2017年12月08日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

誕生の喜び

黒岩 英臣

今日の心の糧イメージ 私達には非常に考えにくいかもしれません。この、誕生して百数十億年を経ているという、今、私達の住んでいる大宇宙、しかもそれは光の速さに近い速度で膨張し続けているそうですが、私達の理解力と想像力の限界をはるかに超えているところに、主なる神がおられて、私を、そしてあなたを、一人ひとりを大切な大切なご自分の子として、「さぁ、おいで、私の愛する子よ」と、片時も離さず、抱きしめ、仰って下さっているなどとは・・。

私達がともすれば神様の存在も信じられないという理由の一つ、にこの、私たちがいくら理解しようと努めても、頭脳や理性もきりきり舞いさせられてしまうような、信じ難い宇宙の大きさがあり、他方、それが成立するためのミクロの世界でも、私達がどうしても感覚的に捕らえられない一つ一つの原子の中でも、中性子の周りを電子が物凄い速さで整然と回っている・・等々が、神の存在を否定させたくするのです。

確かに、圧倒的に物理的な世界を見れば、そこに私の名を呼んで下さるような人格的な神を見出すのは、ちょっとやそっとでは出来そうもありません。

それでも私は宇宙の大きさが、今現在知られているよりも無限にあったとしても、「神は全宇宙を衣のように折りたたむ」という、物凄い神の偉大さ、全能ぶりの前には、たった一枚のハンカチにも及ばないのだと思っています。

そして、この神はこの世界を「よし」と見られたように、私達の誕生を、それはもう喜んで下さっているとの事なのです。それを思うと、私は心が高鳴るのを覚えます。そして、この事がクリスマスの喜びにつながるのです。