2017年12月06日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

誕生の喜び

森田 直樹 神父

今日の心の糧イメージ 今から5年ほど前、まだ私が岩手県の大船渡の教会にいた頃。東日本大震災・大津波の被害を受けてから初めて迎えるクリスマスだったと思います。

小高い丘の上に建っている教会の周囲は、津波を受けて、建物がほとんどなく、街路灯も信号機もないありさまでした。夜になると、全く光がない、そんな頃でした。

クリスマスのミサは、参列する人たちが教会に入りきりませんので、隣にあるカトリック幼稚園ホールで行います。なぜなら、フィリピンから、大船渡、陸前高田を含む気仙地方に嫁いでこられたお母さんたち、60人ほどとその子どもたち、時には、おじいちゃん、おばあちゃんたちも一緒に、クリスマスミサとその後のパーティーに参列されるからです。

大きな被害を受けた地域で、家族や親しい人たちを亡くした人たちを前にして、どのようなクリスマスの喜びを伝えようか迷いましたが、参列された皆さんは、実に心からキリストの誕生を祝ってくださいました。

そんな中、いつも教会にご奉仕してくださるあるご夫婦がそわそわしておられるのに気が付きました。お聞きすると、息子さんご夫婦に赤ちゃんが生まれそうなのだ、とのことでした。「初孫になるんです」そうおっしゃっていました。

無事にクリスマスのミサを終え、その後のパーティーでも楽しいひと時を皆で過ごした後、さきほどのご夫婦から、無事に赤ちゃんが生まれたことを聞かされました。

人々の命を奪った大津波に傷ついている街で、主キリストの誕生をお祝いできただけでなく、新しい生命の誕生の喜びも感じさせていただいた、喜びに満ちたすばらしい夜になりました。

ふと空を見上げると、さらに嬉しいことに小雪がちらちらと舞っておりました。