2017年12月01日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

誕生の喜び

シスター山本 久美子

今日の心の糧イメージ 「あなたが産声をあげた時・・・存在そのままで価値がありました。」

東京に出かけた時、山手線の電車の中で見た広告のメッセージに目が留まり、大変印象に残りました。

どこかのキリスト教教会が伝えるこのメッセージは、「あなたがこの世に誕生したこと、そのままで、存在そのものを喜んでくれる人がいる」ということです。かりに、たとえ望まれずに生まれて来たとしても、父なる神様は、1人ひとりの人間に対して、「女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか。母親が自分の産んだ子を憐れまないであろうか。たとえ、女たちが忘れようとも私があなたを忘れることは決してない」(イザヤ49・15)と、断言してくださいます。

クリスマスは、神の独り子が人間の赤ちゃんとしてお生まれになったことを祝うことです。何故、神の子が無力な人間の赤ちゃんとしてお生まれになったのでしょう。それは、か弱い何もできない赤ちゃんとして生まれるすべての人々が、神様の独り子であるイエスのように、弱さや無力さ、貧しさにかかわらず、その存在の中に神様のいのち、本質そのものを宿しているということを証しするためです。

イエスは、ごく普通の子どもと同じように誕生し、人間の親に育てられ、少しずつ神の子として成長していきました。イエスの3年間の公生活の宣教活動を準備したのは、故郷で、両親と共に、ほとんど人目に触れることなく過ごされた、長い日常生活でした。言い換えるなら、パッとしないような日常のくり返しの中にも、私たち一人ひとりの存在を慈しまれる父なる神の思い、私たち一人ひとりのいのちを喜ばれる父の愛が満ちていると言えるのではないでしょうか。