2017年12月02日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

誕生の喜び

三宮 麻由子

今日の心の糧イメージ 私が勤める外国通信社では、同僚が、生まれた赤ちゃんをオフィスにつれて挨拶にくることがあります。そんなとき、みんながかわりばんこに赤ちゃんをあやしたり、抱っこしてかわいがります。私も何人かの赤ちゃんを抱かせてもらいました。

女の子は赤ちゃんのとき「いい匂いがする」と言われるそうですが、たしかに抱っこすると甘いミルクの匂いが強く感じられます。男の子は、こんなに小さいのにと驚くほど骨格がしっかりし、すでに力強い体の作りをしていて、男性的な香りがします。

男の子を抱っこすると、私はいつも、「イエスさまもこんな感じだったのかしら」と考えます。夜中に馬小屋で生まれたイエス様も、しっかりした骨格と確かな生命の波動をもっておられたことでしょう。

しかし現実の誕生とは、ある日突然母の胎内に生を受け、気付いたら育ち始めており、さらにある日突然、見知らぬ世界に飛び出させられるという大変な作業です。多くの人はめでたいと喜びますが、生まれる当人にしてみたら嬉しくも何ともないでしょう。災難でさえあるかもしれません。私も含め、たいていの人が自分の誕生をおぼえていないのは、その苦しさを少しでも和らげるための神様の計らいなのでしょうか。

それでも、困難を乗り越えて命は絶えず生まれてきています。

その重みを真剣に受け止め、一人ひとりに与えられた将来の可能性を狭めないためにも、イエスの誕生を通して、もう一度命の波動を味わいたい。それが私にとっての12月です。

この月、イエスを囲むヨセフとマリアの像を見る機会が増えると思います。そんなときはぜひ、「自分も隣人も等しく命を与えられている」という大切な事実を、思い出してみましょう。