2017年11月18日の心の糧


▲をクリックすると音声で聞こえます。

繋がり

湯川 千恵子

今日の心の糧イメージ 6月中旬、私の教会の企画で軽井沢での黙想会が行なわれた。

60代・70代の方々に混じって80代の私も参加。総勢23名が、新緑の静かな環境の中、主任司祭の「まず自分の人生を振り返り、俯瞰する」という講義から始まった。

グループに分かれて各自の人生を話し合う。そのライフヒストリーは驚くばかり多様だが、その途中でキリストに出会い、価値観が愛である神の視点に変えられて今の自分があるという共通点は、教会の仲間だから当然ながら、奇跡のように想われて、キリストに繋がる兄弟姉妹の感を強くした。個人的な絆も深まった。

そして今の自分を俯瞰して、両親を始め、多くの人の愛に育てられ、生かされてきたこと、私の場合、幼児期に両親を失い、育ててくれた祖父や伯母、大叔母の愛情、先生の導きを改めて想った。

そして夫との結婚が私の人生に最大の恵みをもたらしたことを再認識して感謝した。

夫は旧満州生まれ、16歳で敗戦。価値観が逆転し、何を信じていいか分からない心の闇を抱えて引き上げた。

長女の入園を機にキリストの教えに触れ、普遍的価値観を悟り、いきなり洗礼を受けたいと言い出した。最初は反対した私も、夫に引っ張られて一家でカトリックの洗礼を受けた。夫が癌で亡くなって久しいが、天国で神のいのちの内に生きて輝いていることが信じられる。

2千年以上の歳月を迫害にもめげず国や人種を越えて人から人へと伝えられ、日本の私にも伝えられて、心の拠り所となっているこの信仰が、私の人生最高の宝となっているから。

 

『私はいつもあなた方と共にいる』(マタイ28・20)と言われたキリストの愛の力を一人ひとりが実感し、これからの生きる道を見いだして心身共にリフレッシュされた3日間だった。